『ホツマツタエ』


これは出版していない3冊目以降の本の著作権を含む。

『ホツマツタエ』という書物は聞きなれないが、「記紀」以上に古代天皇家の歴史を詳細に記す第一級資料である。
「記紀」は日本神話の神々の時代、人間の天皇の時代…西暦506年以前にいたか不明な天皇の時代を記して、507年3月に即位した実在の継体(けいたい)天皇から奈良時代ぐらいまでの天皇時代を記す。
『日本書紀』は歴代天皇時代を旧暦(太陰暦)の歴代天皇の年月日で記して、西暦年月日(太陽暦)に対比できるが、一説によると記す点で話がそれたりして、『古事記』より軽んじられる。
『古事記』は歴代天皇時代が年代を記さず、『日本書紀』と違って一直線に話がつながって、それたりしない点が『日本書紀』より重視されて、多く利用する人がいる。
しかし『古事記』より『日本書紀』の方を重視すべきで、様々な特徴を調べればどちらが重要か分かって、『日本書紀』をサポートするのが『古事記』の印象を受ける。
『日本書紀』は歴代天皇全員の即位年などを干支(えと)で記して(即位年干支法)、系図の祖先化・子孫化・神格化、年代・内容の改変・変更、神名と人名の末名「尊(みこと)」と「命(みこと)」の違いなど、様々な偽装工作で歴史を隠すことを僕が証明した。
このような偽装工作は、アインシュタイン博士以上の超天才の僕にしか求められない。
僕は日本神話の神々の領域…神域を求めるために深層心理などに働きかける無意識の感覚があって、凡人並みの現代人との決定的な考え方の差で、僕が現代人を何段階も上回る考え方をする。

『ホツマツタエ』は漢字以前の時代の古代文字とされる神代(しんだい)文字で記して、日本に古代文字が存在しない考え方があるが、神代文字の存在を認めない限り一歩も前に進めない。
『ホツマツタエ』は『日本書紀』と同じく歴代天皇時代を旧暦(太陰暦)の歴代天皇の年月日で記して、日本神話と実在した崇神(すじん)天皇から仁徳(にんとく)天皇の時代まで記して、その内容が「記紀」以上に詳しく日本神話と歴代天皇時代を記して、「記紀」が嘘をついて偽装工作した所もある。
『ホツマツタエ』は『日本書紀』と同じで西暦年月日に当てはめられる数少ない書物で、「記紀」以上に神名や人名や系図や時代の出来事の内容などが詳しく、古代日本史研究に必要不可欠な歴史書である。
正しいことが一体何なのか見逃す現代人には、『ホツマツタエ』がほほ笑むことなどない。

『記紀』は伊勢神宮内宮の天照大神(あまてらすおおみかみ)と伊勢神宮外宮の豊受大神(とようけおおかみ)が女性で、『ホツマツタエ』が伊勢神宮内宮の天照神(あまてるかみ)と伊勢神宮外宮の豊受(とゆけ)が男性で、男性と女性の点が決定的に違う。
卑弥呼の倭姫命(やまとひめのみこと)は、『ホツマツタエ』で生年月日と亡くなった年が求められて、景行天皇の異母姉で『魏志倭人伝』の卑弥呼と男弟の血縁関係と合致して、「記紀」で景行天皇の実妹が倭姫命で倭姫命の生年月日も記されず、正当な歴史書の「記紀」が卑弥呼の系図や生年月日などを偽装工作した。
「記紀」も『ホツマツタエ』も最初の元伊勢は、奈良県の笠縫邑(かさぬいむら)が所在地不明で、『ホツマツタエ』で第2の元伊勢が京都府宮津市で、その後で滋賀県と岐阜県を巡って三重県に落ち着いたと記す。
『日本書紀』が滋賀県と岐阜県を巡って三重県に落ち着いて、京都府宮津市の元伊勢が記されず、元伊勢の詳細が「記紀」で希薄(きはく)になる。
元伊勢に関する記述は『ホツマツタエ』が一番詳しく、『倭姫命世紀』(『倭姫命世記』)の20ヶ所近い元伊勢の記述に間違いがあって、『日本書紀』が『ホツマツタエ』に基づいて元伊勢を記すと考えられる。
このように『ホツマツタエ』の記述の内容は、「記紀」の原形か原本の可能性があって、「記紀」と似通った所と全く記されない未知の歴史を含んで、第一級史料としての意味・価値が大きく、その歴史を正しく再現できるのが僕だけである。

『ホツマツタエ』は古史古伝(「記紀」に反する書物)の烙印(らくいん)を押された正当な歴史書で、馬鹿な過去の学者が偽物と考えて間違った判断をした。
『ホツマツタエ』の正当性は、アインシュタイン博士以上の超天才で神域を求められる奇跡の人間の僕以外に証明できない。

<参考文献>
『完訳秀真伝』
鳥居礼・編著者 八幡書店・発行
『日本書紀(上)全現代語訳―全二巻―』
宇治谷孟・著者 株式会社講談社・発行
インターネット

戻る