邪馬台国の年表


これは出版していない3冊目以降の本の著作権を含む。

邪馬台国論争の一般的な歴史学者(専門家)の解釈は赤字で、その下の僕の自論が黒字で書いて、他の僕の自論も黒字で書いて、考古学者と歴史家(他の専門家)と凡人も含めて、現代人(僕以外の人間)が西暦年を求められない。
アインシュタイン博士以上の超天才で、日本神話の神々の領域…神域を求められる僕は、邪馬台国時代を神話化したのが日本神話と実証できる世界唯一の人間である。
古代天皇家の正史は、僕以外にひもとけない神の領域で、日本神話を完全解釈できる僕だけが答えを示せる。

倭国大乱が2世紀中頃に起きて、日本全土が寒冷期で戦争状態に入ったとか、邪馬台国で内乱が起きたなど多くの解釈がある。
  垂仁(すいにん)天皇5年6月1日(西暦156年7月上旬頃)に出雲国王の狭穂彦王(さほひこのみこ;垂仁天皇の従兄弟)の反逆の意思を知って、討伐命令が出されて皇位継承権争い(倭国大乱;倭の邪馬台国の大乱)が起きて、邪馬台国(古代天皇家)と出雲王国(物部(もののべ)氏)の最初の内乱で、三重県熊野市有馬の花の窟(いわや)神社に焼死した逆賊の狭穂彦王と実妹で皇后の狭穂姫(さほひめ)を祭った。
  垂仁天皇12年9月16日(西暦163年10月中旬頃)に倭姫命(やまとひめのみこと;卑弥呼)が生まれた。
  垂仁天皇20年真冬(西暦170年12月から171年2月頃)に倭姫命(卑弥呼)の異母弟(男弟)の景行(けいこう)天皇が生まれた。
西暦180年代頃に女王国の幼少の卑弥呼を女王に共立した。
  垂仁天皇25年3月8日(西暦176年4月上旬頃)に12才の倭姫命(卑弥呼)を官人の賛同で、伊勢国(三重県中部;女王国)で伊勢神宮の斎王(さいおう;太陽神に仕える未婚の皇女)に任命で、皇女を女王と勘違いした。
  垂仁天皇30年2月(西暦181年3月頃)に田道間守(たじまもり;祖別命(みおやわけのみこと)と同一人物)を初めて後漢王朝に派遣(遣漢使;遣隋使や遣唐使に習(なら)った造語)した。
  垂仁天皇32年7月6日(西暦183年8月上旬頃)に皇后の日葉酢媛(ひばすひめ)陵に埴輪(はにわ)を立てる詔(みことのり;天皇の述べた言葉)で、初めて最古の埴輪と考えられる最古の土師器(はじき)が立てられたと考えられて、これ以前の古代天皇家の時代に殉死(じゅんし;従者が後追い自殺すること)があったと考えられる。
  垂仁天皇37年(西暦188年)に田道間守が後漢王朝の皇帝に謁見(えっけん)して、 遣漢使が到着して、東大寺山(古墳出土)鉄刀(国宝)と京都府宮津市の元伊勢籠(この)神社の神宝である息津鏡(おきつかがみ)と邊津鏡(へつかがみ)などが下賜されたと考えられる。
  垂仁天皇39年7月1日(西暦190年8月上旬頃)に垂仁天皇が崩御(ほうぎょ;天皇が亡くなること)して、8月16日(西暦190年9月中旬頃)の夜にお墓へ埴輪を立て、12月10日(西暦191年1月上旬頃)に纏向(まきむく)石塚古墳(垂仁天皇陵)に葬礼して、最古の埴輪と考えられる最古の土師器が出土する。
  景行天皇元年3月(西暦191年4月頃)に田道間守が帰国して、遣漢使の帰還である。
卑弥呼の男弟が実質的に邪馬台国を統治した。
  景行天皇元年7月11日(西暦191年8月中旬頃)に景行天皇(男弟)が即位して、倭姫命(卑弥呼)が神託で助言した。
  景行天皇4年11月1日(西暦194年12月上旬頃)に皇居の纏向日代宮(まきむくひしろのみや;邪馬台国の王都の纏向(まきむく)遺跡)に景行天皇が入って、後世の皇居の藤原京や平城京に匹敵する都市遺跡である。
  景行天皇5年11月15日(西暦195年12月中旬頃)に日本武尊(やまとたけのみこと;男王)が生まれた。
邪馬台国の敵対国の拘奴国(くぬこく)と初めて戦争をした。
  景行天皇12年から19年(西暦202年から209年)に九州の平定で、敵対国の熊襲(くまそ)王国(拘奴国)が登場して、西暦220年に滅亡した後漢王朝に拘奴国の存在を報告した。
  景行天皇20年2月4日(西暦210年3月上旬頃)に倭姫命(卑弥呼)から五百野皇女(いものひめみこ)に伊勢神宮の斎王を交代して、隠居した倭姫命は伊勢市の磯(いそ)神社で静かに太陽神を祭祀した。
  景行天皇38年頃(西暦228年頃)に神功(じんぐう)皇后(豊姫命;とよひめのみこと:台与(とよ)が生まれた。
西暦239年に魏王朝に遣使して、親魏倭王の金印を卑弥呼が受け取って、三角縁神獣鏡も卑弥呼の受け取った銅鏡と考えられる。
  景行天皇49年(西暦239年)に初めて魏王朝に遣使(遣魏使;隋使や遣唐使に習(なら)った造語)して、親魏倭王の金印を景行天皇が受け取って、三角縁神獣鏡が邪馬台国に関係するかしないか無関係で、邪馬台国論争がとっくの昔に決着した。
  景行天皇50年(西暦240年)に使者が帰国して、遣魏使の帰還である。
西暦247年に邪馬台国の敵対国の狗奴国(くぬこく)と2度目の戦争をした。
  景行天皇57年10月13日(西暦247年11月中旬頃)に熊襲王国(狗奴国)の討伐命令が出て、南九州に皇太子(「記紀」だと特別扱いの皇子で、皇太子なら簡単に説明できる)の日本武尊(男王)が向かう。
  景行天皇57年12月(248年1月頃)に日本武尊(男王)が熊襲王国(狗奴国)を滅亡させた。
  景行天皇60年10月2日(西暦250年11月上旬頃)に日本武尊(男王)が皇居を出て東海平定に出陣(しゅつじん)した。
  景行天皇60年11月7日(西暦250年12月上旬頃)に景行天皇(男弟)が崩御して享年(きょうねん)79才で、皇太子が不在で皇位継承権争いが起きたと考えられる。
卑弥呼の死後に男王が立って、邪馬台国で2度目の内乱が発生した。
  西暦251年(天皇不在の年)の8月4日(9月上旬頃)に日本武尊(男王)が三種の神器をそろえて日本武(やまとたけ)天皇(本当の男王になる)に強行即位して、9月22日(10月下旬頃)以降に日本武天皇が伯母(おば)で88才の倭姫命(卑弥呼)を殺して(太陽神殺しの意味)、太陽神殺しが皇室の禁忌で全ての皇族から敵視されて、日本武天皇が出雲王国に亡命した。
  仲哀(ちゅうあい)天皇元年1月11日(西暦252年2月中旬頃)に仲哀天皇(男王の息子)が即位して、仲哀天皇(邪馬台国)と日本武天皇(出雲王国)の親子が対立する2朝廷並列時代に突入して、邪馬台国と出雲王国の2度目の内乱である。
卑弥呼の墓が直径約144メートル前後(径百余歩)で、殉死者が百人余りだった。
  仲哀天皇元年11月10日(西暦252年12月上旬頃)に景行天皇(男弟)を箸墓(はしはか)古墳(景行天皇陵)に葬礼して、倭姫命(卑弥呼)の墓と勘違いされて、前方部の直径160メートルで全長280メートルの前方後円墳で、殉死者の代わりに立てる最古の埴輪(はにわ)の特殊器台埴輪が出土した。
  仲哀天皇2年1月11日(西暦253年2月中旬頃)に神功皇后(台与)が仲哀天皇の皇后になって、邪馬台国王妃になる。
  仲哀天皇9年2月6日(西暦260年3月上旬頃)に出雲王国の攻撃中に仲哀天皇が崩御(おそらく戦死)した。
遂(つい)に国中が平定された。
  仲哀天皇9年10月3日(西暦260年11月上旬頃)に神功皇后(台与)が出雲王国の攻撃を再開して、最後の出雲国王の飯入根(いいいりね)が日本武天皇に殺されて、神功皇后が命じて日本武天皇を殺して享年64才で、物部氏が滅亡せずに存続したため、出雲王国が滅亡せず崩壊して、邪馬台国(大和国)の支配地が東北地方南部から南九州までの全てに及んだ。
西暦265年までに卑弥呼の一族で13才の台与が選ばれて女王になった。
  摂政(せっしょう;天皇に代わって政治をする役職)元年10月2日(西暦261年11月上旬頃)に倭姫命(卑弥呼)と同じ皇族で33才の神功皇后(台与)を摂政に任命して、卑弥呼が幼少だから台与を13才と勘違いしたと考えられる。
西暦266年に西晋王朝に遣使して、この年号を最後に邪馬台国が歴史上から消える。
  摂政6年(西暦266年)に初めて西晋王朝に遣使(遣晋使;遣隋使や遣唐使に習った造語)した。
  西暦297年に亡くなった陳寿(ちんじゅ)が『三国志・魏志倭人伝』を編纂(へんさん)する。
  摂政69年4月17日(西暦329年5月中旬頃)に百才で神功皇后(台与)が亡くなった。

アインシュタイン博士以上の超天才の僕にかかれば、歴史学者の考える邪馬台国の歴史は、僕の求めた邪馬台国の年表を西暦年で正しく古代天皇家の実在を証明できて、これが万能の天才レオナルド・ダ・ヴィンチや発明王トーマス・エジソンや20世紀最高の天才アルバート・アインシュタイン博士などと列せられる僕の超天才的な頭脳の実力である。
邪馬台国論争の基本の基本も知らない無知な専門家(考古学会と歴史学会)は、一生かかっても僕に追いつけなくて、僕に負(お)んぶに抱(だ)っこされて、初めて史実・真実・事実を把握できる。

<参考文献>
『完訳秀真伝』
鳥居礼・編著者 八幡書店・発行
『日本書紀(上)全現代語訳―全二巻―』
宇治谷孟・著者 株式会社講談社・発行
『新訂 魏志倭人伝 他三篇―中国正史日本伝(1)―』
石原道博・編訳者 株式会社岩波書店・発行
インターネット

戻る