藤原氏の系図


これは出版していない3冊目以降の本の著作権を含む。

この藤原氏の神様の系図は『ホツマツタエ』を基にして、分かる限り「記紀」の神名を当てはめたもので、神格化した人物が実在した人物である。
系図の詳細は順を追って説明する。

5代目・高皇産霊尊(たかみむすびのみこと;彦坐王(ひこいますのみこ)を神格化)は、彦坐王の息子の丹波道主王(たにはみちぬしのみこ)と山代之大筒木真若王(やましろのおおつつきまわかのみこ)、彦坐王の孫の垂仁(すいにん)天皇の3人を5代目・高皇産霊尊に神格化する場合があって、彦坐王の子孫の物部(もののべ)氏が絶対に5代目・高皇産霊尊へ神格化されない鉄則がある。
5代目・高皇産霊尊(彦坐王を神格化)の直系子孫は、津速産霊(つはやむすび;誰を神格化したか不明)またの名を兵主(つわものぬし)と稜威雄走~(いつのおばしりのかみ;屋主忍男武雄心命(やぬしおしおたけおこころのみこと)を神格化)で、津速産霊の子が興台産霊(こごとむすび;誰を神格化したか不明)で、稜威雄走~の子が武甕槌神(たけみかづちのかみ;初代・武内宿禰(たけのうちのすくね)を神格化)である。
興台産霊(誰を神格化したか不明)は経津主神(ふつぬしのかみ;武渟川別(たけぬなかわわけ)を神格化)の妹の浅加姫(あさかひめ;誰を神格化したか不明)を妻で、天児屋命(あまのこやねのみこと;誰を神格化したか不明)を生んだ。
太玉命(ふとだまのみこと;武渟川別を神格化)の妹神の三穂津姫(みほつひめ;誰を神格化したか不明)が出雲大社宮司家の千家(せんげ)氏の直系先祖と考えられるが、浅加姫か三穂津姫が虚空津比売命(そらつひめのみこと)を神格化したと考えられる。
『古事記』で神功皇后の妹は虚空津比売命だけで他に妹が記されず、確実に三穂津姫か浅加姫に神格化されたと考えられる。
天児屋命(誰を神格化したか不明)は、武甕槌神(初代・武内宿禰を神格化)の娘の比売神(ひめのかみ;誰を神格化したか不明)を妻として、この夫婦神が藤原氏の祖先神として名高い。

天児屋命(誰か不明)と比売神(誰か不明)の子の天忍雲命(あめのおしくものみこと;誰を神格化したか不明)は、天種子(あめたねこ;誰を神格化したか不明)を息子で、天種子が神武(じんむ)東征(正しくは仁徳(にんとく)東征)で、大分県宇佐市で宇佐子姫(うさこひめ;誰を神格化したか不明)を妻にした。
宇佐津彦(うさつひこ;誰を神格化したか不明)の娘は宇佐津姫(うさつひめ)と『日本書紀』が記すが、『ホツマツタエ』の宇佐子姫が正しい神名である。
天種子と宇佐子姫の息子の宇佐麿(うさまろ;誰を神格化したか不明)と直系子孫で、崇神(すじん)天皇時代と崇神天皇の孫の景行(けいこう)天皇時代に出てくる大鹿島(おおかしま;誰か不明)がいて、大鹿島が2人を一人の実在の人物にまとめたと考えられて、大鹿島からが実在系譜として藤原氏につながる。

宇佐津彦(誰か不明)の両親は、伊吹戸主(いぶきどぬし;少彦男心命(すくなひこおこころのみこと)を神格化)と市杵島姫(いちきしまひめ;誰を神格化したか不明)である。
伊吹戸主の両親は、月読尊(つくよみのみこと;景行天皇を神格化)と伊予津姫(いよつひめ;欝色謎命(うつしこめのみこと)を神格化)で、市杵島姫の両親が天照神(あまてるかみ;倭姫命(やまとひめのみこと)を神格化)と入れ替わって、月読尊(景行天皇を神格化)と早子(はやこ;弟橘姫(おとたちばなひめ)を神格化)である。
屋主忍男武雄心命と初代・武内宿禰の親子と武渟川別や少彦男心命は、物部氏の血筋の人物で藤原氏と関係が深いと分かる。
天忍雲命は、父方の兵主(誰を神格化したか不明)が武神で、母方に武神の稜威雄走~(屋主忍男武雄心命を神格化)の子が軍神の武甕槌神(初代・武内宿禰を神格化)を先祖で、宇佐津彦が父を武神の伊吹戸主(少彦男心命を神格化)で、藤原氏の祖先神が武勇の神様を先祖とすることが多いと分かって、津速産霊と同一神の兵主が武神と思い出したのが今年4月中旬である。
このようにして部分的だが藤原氏の神様の系図は、正しい系図を求められる。

藤原氏の祖先神の天児屋命(誰か不明)は祭祀の神様で、中臣(なかとみ)氏が有力な祭祀豪族で、中臣鎌足(なかとみのかまたり)が蘇我(そが)氏討伐の功績から藤原姓を賜(たまわ)って、平安時代に天皇家との婚姻関係で勢力を伸ばした藤原氏だが、後世に衰退したと勘違いされた。
藤原氏は後世に五摂家(ごせっけ;近衛氏・一条氏・二条氏・九条氏・鷹司氏)に名前を変えて、天皇家や有力な豪族や将軍家などと婚姻関係を結んで、現在まで重要な地位を維持し続けた。
現在まで藤原氏の亡霊と言うべき一族は、皇室と深く結びついて明治天皇と大正天皇の皇后が五摂家で、美智子様(上皇后)が初めて五摂家以外で皇后になったと不確かな情報がある。

藤原氏は千年以上に渡って皇室と深く結びついた中世からの亡霊と言うべき一族で、実在した3代目の景行天皇の直系子孫で、古代天皇家と出雲王家(物部氏)の子孫なのが神様の系図から分かって、古代豪族としての血筋が不明だったのを僕が証明して、どのような一族か少しでも解き明かした。
情報は正しく分析して知ることが大切で、藤原氏を誤解のないように理解するきっかけにしてほしい。

<参考文献>
『ホツマ辞典』
池田満・著者 ホツマ刊行会・発行
インターネット

戻る