核兵器廃絶


2017年7月7日は核兵器廃絶に向けて核兵器禁止条約を国連で採択して、日本国政府が不参加で被爆者や国民の期待を裏切って、安倍政権や自民党が信頼に足りないものだと示す結果になった。
今は北朝鮮がミサイル発射や核実験の廃止が膠着(こうちゃく)して、アメリカと韓国と中国などが北朝鮮と友好的になって、日本も北朝鮮と会談しようと動いている。
もはや安倍政権が末期症状なのは火を見るより明らかで、政権交代も時間の問題だろが、核兵器廃絶を目指さないなら大問題である。

北朝鮮は核兵器を廃棄するのか不明で、米国と韓国と日本などの同盟国が北朝鮮と和解すべきで、ミサイル発射や核実験の廃止に踏み切らせるべきである。
国連は核兵器禁止条約を採択して世界中で核兵器廃絶の機運を高めたのだが、北朝鮮という目の上のたんこぶが和解の道を模索してきて、結束すべき時に来ているのかもしれない。
アインシュタイン博士や「原爆の父」と呼ばれて国家反逆罪に問われたオッペンハイマー博士など核兵器廃絶を願った偉人の遺志は、誰が受け継いで実行に移すべく世界中を導くのか?

アインシュタイン博士は一般相対性理論のエネルギーと質量の公式を求めて、ルーズベルト大統領に原爆開発の手紙にサインして、原爆開発の開発者として手伝いをしなかったが、核兵器開発のきっかけを作ってしまって後悔して、亡くなるまでの10年間を償いの日々をすごしたと言う。
アインシュタイン博士の後継者的存在でそれ以上の天才の僕は、アインシュタイン博士の遺志を受け継いで核兵器廃絶のために、賛同してくれる人々と共に一生をかけて動こうと考えている。
核兵器禁止条約に賛同した122か国・地域の協力を受けて僕は、核兵器廃絶のためにけわしく厳しい過酷な戦いだろうとも、自分の自殺願望や弱い心と戦いながらでも頑張りたいと思う。

広島市の原爆は落とされた年に14万人で、長崎市の原爆が落とされた年に9万人が亡くなって、被爆後の5年間で広島で20万人で、長崎で14万人が亡くなったらしく、核兵器廃絶が人類規模の虐殺行為で、なくすべき大問題である。
ビキニ環礁の第五福竜丸の悲劇なども相まって、日本は核兵器禁止条約に加盟すべきで、ターミネーターや北斗の拳のような核兵器による人類滅亡の危機が夢物語でも、なくすべきものとして人々に色々と訴えている。
僕は戦争や原爆を映像やアニメや本などでしか知らないが、実際に体験した人々のためにも立ち上がって、戦争放棄や核兵器廃絶を実現させたいと思う。
僕は高校の修学旅行で長崎市と雲仙普賢岳噴火後の島原市を訪れて、広島県を自動車で吉備津(きびつ)神社を訪れて、原爆のことなど頭の片隅にもなかったが、高校の修学旅行中に一緒に暮らす祖父の死に目に会えず、そのことがきっかけで命・魂・精神・戦争・平和を深く考えることになった。
祖父の死がきっかけで人間的に大きく成長したが、同時に自殺願望を生み出して何度も自殺未遂を繰り返す矛盾を生んで、良くも悪くも命・魂・精神を尊く感じることになった。
僕は何度も自殺未遂で自分の命を軽んじて、命・魂・精神・戦争・平和の要素を考えて20世紀の戦争と虐殺の時代を深く考えて、矛盾しながらも大きく成長していって、人間として強くも弱くもなった。
こんな僕が核兵器廃絶を語るなんておこがましいかもしれないが、核兵器や原発の問題は世界規模の大きな課題で、それを見逃すことなど僕にできるわけがない。

僕はアインシュタイン博士の遺志をどこまで受け継げるか分からないが、精一杯生きて人類の発展と平和を願って戦い続けたいと思う。
広島市と長崎市を訪れて被爆者と対面して色々と語り合って、社会的弱者のために僕の著作権を生かして助けて、人々の役に立ちたいと思い続けてきた。
アインシュタイン博士以上の超頭脳と自殺願望の諸刃(もろは)の剣であって、そんな僕のような弱い人間のどこにそんな力があるか分からないが、人々の生きる糧(かて)や道しるべとなれるように世界へと羽ばたきたい。
しかし僕は自殺願望の持ち主としてどうなるか分からず、核兵器廃絶の政治的なものに関わるべきか、どうすればいいのか自分でも分からない。
僕の小さな夢はどこから来てどこへ行くのか分からないが、戦争放棄と核兵器廃絶を夢見たアインシュタイン博士の遺志を受け継いで貫くだけであって、それが僕の信念として世界中の平和を祈る。
僕は生きている限り世界平和のために核兵器廃絶を願い戦って、生涯をアインシュタイン博士の後継者的存在として恥じない生き方をしたいと思う。

<参考文献>
インターネット

戻る