熊襲(くまそ)王国の滅亡


これは出版していない3冊目以降の本の著作権を含む。

熊襲はいつ頃存在したか分からないが南九州にあって、古代天皇家の敵対国として歴史に出てくる。
『日本書紀』で熊襲王国は、景行(けいこう)天皇12年から19年の間と景行天皇27年に反乱して滅亡したか、仲哀(ちゅうあい)天皇時代に反乱して戦争して、仲哀天皇の崩御(ほうぎょ;天皇が亡くなること)後に神功(じんぐう)皇后が熊襲王国を滅亡させたと記される。
熊襲王国は古代天皇家に対して2度の反乱を起こして滅亡した敵対国で、『日本書紀』の記述をちゃんと読めば分かるが、現代日本人レベルの頭脳でひもとけるはずもなく、アインシュタイン博士以上の天才の僕以外にひもとけない。

熊襲王国は邪馬台国(古代天皇家)の敵対国で、『ホツマツタエ』景行天皇12年12月5日(西暦203年1月上旬頃)に初見して、景行天皇27年10月13日に再び討伐の詔(みことのり;天皇の述べた言葉)があって、この後で熊襲王国が滅亡したとされるが、景行天皇27年の記述を信頼できない。
景行天皇12年から19年(西暦202年から209年)は九州全土の平定で、おそらくこの平定の後から後漢王朝滅亡の西暦220年までに遣漢使して、『後漢書』に拘奴国(くぬこく)が初見して、『魏志倭人伝』の狗奴国(くぬこく)と漢字が違うが同一国と考えられる。
『後漢書』の拘奴国は、女王国(伊勢国)から渡海して千里余りで拘奴国(熊襲王国)に至って、邪馬台国(大和国)や女王国と陸続きでない別の土地に存在することを見逃すべきでない。
熊襲王国は宮崎県にあったと予測されるが厳密に根拠など皆無で、『ホツマツタエ』の九州平定が鹿児島県や対馬の地名が一切出てこなくて、熊襲王国が南九州に存在したのが確かで、所在地を巡っての論争が後を絶たないが、熊襲王国が鹿児島を支配下に置いたのが確かだと考えられる。
熊襲王国は謎の多い敵対国で、邪馬台国の敵対国の拘奴国と狗奴国として認識されて、『ホツマツタエ』や『日本書紀』に記される南九州の王国として君臨している。

景行(けいこう)天皇12年11月(西暦202年12月頃)に日向(ひうが;宮崎県の古名)の高屋(たかや)に仮宮を造営されて、景行天皇12年12月5日(西暦203年1月上旬頃)に熊襲(くまそ)王国の討伐の会議を開き、その席上で景行天皇の詔(みことのり;天皇の述べた言葉)があった。
日向の高屋とは所在地不明で、仮宮が天皇の生活する仮の皇居のことで、宮崎県に熊襲王国討伐の最前線基地のような宮を造営した記述で、『後漢書』に拘奴国を記すから厄介(やっかい)な国と考えられる。

景行天皇は「私が耳にする所によると、兄の厚鹿文(あつかや)と弟の鹿文(せかや)なる者が人の上に立ち、多くの者を集め宮中にそむき、暴挙を働いているらしい。その者は腕が立ち矛先が当たる者がいないと言う。戦うことが度重(たびかさ)なれば民の苦しみも増すばかりである。矛に頼らず敵を討とうと思うのであるが」と言われた。
は「しんにょう」に乍の漢字で、ホームページで表示できるが注意書きにする。
一人の家臣が進み出て、「熊襲には乾鹿文(ふかや)と辺鹿文(へかや)という二人の娘がいます。まばゆいばかりに美しく、また勇ましい二人ではございますが、丁重なる引き出物によって召し入れ、熊襲の隙(すき)をうかがって捕らえてはいかがでしょう」と進言した。
時に景行天皇は、「よかろう」と言われて、絹の引き出物によって二人の娘をあざむいて誘(さそ)い出した。
景行天皇のおそばに置いてもてなすと姉の乾鹿文が、「君よ、うれいたまいますな。私が謀計を巡らせましょう」と言って景行天皇の兵を引き連れて、家に帰り熊襲王国の主領である父の厚鹿文に酒をたらふく飲ませ、厚鹿文が酒に酔って横になると、乾鹿文が父の弓弦(ゆんづる)を切っておき、隙をうかがって殺した。
乾鹿文が景行天皇の所に帰ってこのことを告げると、景行天皇は血筋の者を殺したことをひどく憎まれて、乾鹿文を殺してしまわれた。
景行天皇は妹の辺鹿文をその国の国造(くにみやつこ)として、叔父(おじ)の子供の取石鹿文(とりいしかや)と結婚させて、「筑紫(つくし)を平定せよ」と言われた。

景行天皇が熊襲王国を平定したのは時期的に見て西暦205年以降だと考えるが、『ホツマツタエ』の記述通りなら熊襲王国に至るまでに敵を討伐すると何年間も必要である。
熊襲王国を平定したのは娘の乾鹿文と辺鹿文をあざむいて国王を殺させたためで、景行天皇の軍勢が直接戦っていないと記すが、本当にそうなのか分からない。
景行天皇は妹の辺鹿文をその国の国造にしたと記されて、熊襲王国が一度古代天皇家に服従したことが重要である。
景行天皇は妹の辺鹿文を襲(そ;おそらく鹿児島県曽於郡)の国の国造としたと解釈できるが、その国の国造が正しいと考えられて、熊襲を鹿児島県とすべきでないと考えられる。
辺鹿文は叔父・鹿文の子供の取石鹿文と結婚したと考えられるが、伯父(おじ)がいた可能性なども考えられて、取石鹿文が伯父の子供の可能性もあって、固定観念や先入観で考えてはならない。

『魏志倭人伝』の狗奴国攻撃(西暦247年)は故意に隠されて、『ホツマツタエ』景行天皇27年の熊襲王国攻撃が景行天皇57年(西暦247年)の熊襲王国攻撃を年代変更したものである。
南九州の熊襲王国が再び天皇家にそむいて国々を侵略し始めて、景行(けいこう)天皇27年でなく正しくは景行天皇57年10月13日(西暦247年11月中旬頃)で、詔(みことのり;天皇の述べた言葉)で皇子の小碓尊(おうすのみこと)に熊襲王国を討伐を命じた。
小碓尊が、「良き弓の名手がいれば伴として連れて行きたい」と言われて、一同が口をそろえて、「美濃国(みののくに;岐阜県南部)の弟彦(おとひこ)が弓に秀でています」と申して、そこで景行天皇は葛城宮人(かつらぎみやど)を派遣して弟彦を呼ぶと、石占(いしうら;三重県桑名市付近)の横立(よこたて)、田子稲置(たごのいなき)、乳近稲置(ちちかいなき)なる者を率(ひき)いて連れて来た。
小碓尊はそれらの者を皆従えて、12月(248年1月頃)に南九州に到着されて、小碓尊たちが熊襲らの様子をうかがっているうちに、以前に景行天皇が辺鹿文(へかや)と結婚させた取石鹿文(とりいしかや)が川上で、猛々しい族を集め梟帥(たける)と名乗り、円座をなして宴をもよおしていた。
小碓尊はまだ10代で少女の格好をして取石鹿文に近づき、隠し持っていた剣で取石鹿文の胸を刺して殺したと記すが、根本的に間違っていてあり得ない。

小碓尊は40歳を越えていて女装などしてもばれる年齢で、少女の格好をして取石鹿文に近づき殺したのが創作で、小碓尊が少女に女装しても大丈夫な年齢の記述に合わせてあり、年代の変更がされて分からない人間からしたら当然である。
おそらく皇子の小碓尊の全軍と取石鹿文の全軍で交戦したと考えられる。

一体どういう状況か分からないが、小碓尊が取石鹿文の胸を剣で刺したのは確かだと考えられて、その時の状況を私見で再現する。
小碓尊は今とばかりに剣を抜き取り、取石鹿文の胸を一気に刺し通して、すると胸を刺された取石鹿文が、「今しばらく剣を止めよ。言うことがある」と言うので、小碓尊がその言葉に従った。
「お前は誰だ」「景行天皇の子供で小碓尊である」「今まで国の兵も諸人も我に及ぶ者がなく、皆が我に従っていた。君のように勇敢な者はいなかった。身分の低い私が捧(ささ)げる名前を名乗っていただけましょうか」
小碓尊はそれを承知されると、「今からは日本武尊(やまとたけのみこと)と名乗りたまえ」と言いながら梟帥(たける)の取石鹿文が死んで、日本武尊が弟彦を派遣して仲間の熊襲たちを皆討ち滅ぼさせた。
どういう状況か分からないが、小碓尊が取石鹿文から日本武尊の名称をもらったのは事実で、これ以降を日本武尊と名乗って英雄としての活躍をしていくと多くの人が勘違いする。

景行天皇58年2月1日(西暦248年3月上旬頃)に日本武尊一行は皇居の纏向日代宮(まきむくひしろのみや)に帰り、日本武尊が景行天皇に報告された。
「天皇の恩頼(みたまふゆ;神や天皇から受ける恩徳)によって、熊襲らをひたすら殺し、ことごとく平定したゆえ、西方は無事に治まっています。
ただ吉備穴門(きびあなと;広島県深安郡)と波速(なみは・難波;現在の大阪市)の柏済(かしわのわたり;淀川河口付近の船着場)に悪気を放ち、道行く人々に災いをなそうとする荒ぶれ者どもがいましたが、これも斬り殺して海と陸の道を開きました」と言われた。
景行天皇は西国平定の功績を深くほめられて、日本武尊に褒美(ほうび)を与えた。
日本武尊の熊襲平定はそれほど長い時間をかけず、一気に決着を付けて武将としての優秀さがうかがい知れる。

『魏志倭人伝』に「其八年、太守王到官。倭女王卑弥呼與、狗奴国男王卑弥弓呼素不和。遣倭載斯烏越等詣郡、説相攻撃状。遣塞曹掾史張政等、因斎詔書黄幢、拝仮難升米、為檄告喩之」と記す。
は「斤へん」に頁の漢字で、ホームページで表示できるが注意書きにする。
正始八年(西暦247年)に帯方郡の太守として王が任官して、日本の王である景行天皇は、熊襲国の男性王の取石鹿文と元々不和で、使者の載斯烏越たちを帯方郡に派遣して、お互いに攻撃する状況を伝えて、塞曹掾史・張政たちを派遣して、詔書と黄色の旗をもたらして、太夫の難升米に仮に授けて、檄文を作ってこれを告諭させたと解釈する。
『魏志倭人伝』から解釈して、西暦247年に熊襲王国と古代天皇家が内戦に突入して、帯方郡に使者を派遣したのが九州の統治者の判断で、その理由は熊襲王国が反乱してから帯方郡に使者を派遣するまでに時間がないからである。
帯方郡の使者の塞曹掾史・張政らから景行天皇に詔書と黄色の旗を受け取り、景行天皇でなく皇子の日本武尊が受け取ったと考えられる。
狗奴国の男王の卑弥弓呼(ひみきゅうこ)は、熊襲国王の熊襲梟帥(くまそたける)を古代中国語読みしたと考えられる。
『ホツマツタエ』の編者は『魏志倭人伝』を読んだことから、景行天皇57年10月13日を景行天皇27年10月13日にして、それで熊襲王国を狗奴国と求められないようにしたと考えられる。
どんなに偽装工作をほどこしても、アインシュタイン博士以上の天才の僕はひもとけてしまって、天才なことも時に苦痛に感じてしまう。

<参考文献>
『完訳秀真伝』
鳥居礼・編著者 八幡書店・発行
『日本書紀(上)全現代語訳―全二巻―』
宇治谷孟・著者 株式会社講談社・発行
『新訂 魏志倭人伝 他三篇―中国正史日本伝(1)―』
石原道博・編訳者 株式会社岩波書店・発行
『古代日本史への挑戦』
僕・著者 株式会社オカムラ・発行

戻る