出雲の国譲(くにゆず)り神話


これは出版していない3冊目以降の本の著作権を含む。
『記紀』の原文を青字、僕の解釈を赤字、僕の説明文を黒字で記す。

出雲の国譲りの前、経津主神(ふつぬしのかみ)と武甕槌神(たけみかづちのかみ)は、邪神や草木や石に至るまで皆を倒して、従わないのが星の神の天津甕星(あまつみかほし)またの名を天香香背男(あめのかかせお)だけとなり、経津主神が天津甕星を征する斎主(いわい)をする主を斎大人(いわいのうし)と言い、二軍神(経津主神と武甕槌神)が倭文神・建葉槌命(しどりのかみ・たけはづちのみこと)を派遣して倒して、その後で二軍神が天に上がられた。
経津主神と武甕槌神は東北地方南部を塩土老翁(しおつちのおじ)が道案内した。


出雲王国攻撃の前、経津主神(武渟川別(たけぬなかわわけ)を神格化)と武甕槌神(初代・武内宿禰(たけのうちのすくね)を神格化)は、関東地方の邪悪な者を倒して回って、天津甕星(誰を神格化したか不明)だけが残って随伴していた倭文神・建葉槌命(織物の神で武神;誰を神格化したか不明)に命じて殺させた。
経津主神と武甕槌神は東北地方南部を塩土老翁(初代・武内宿禰を神格化)が道案内して、その後で武渟川別と初代・武内宿禰が古代大和朝廷に帰還された。


茨城県日立市に大甕(おおがめ)神社があって、天津甕星の荒魂(あらみたま;荒ぶる魂)が宿(やど)る宿魂石(しゅくこんせき)という岩がある。
経津主神の別名は斎主神(いわいぬしのかみ)で、祭り事をする神様と考えられて、祭祀氏族の忌部(いんべ)氏の祖先神である太玉命(ふとだまのみこと)と同一神の可能性が高い。
武渟川別と初代・武内宿禰は景行天皇の孫と曾孫で、共に物部(もののべ)氏の血筋の皇族で、中部地方から東北地方南部まで平定した武将で、出雲王国攻撃の時に2人とも大臣と考えられる。
『ホツマツタエ』でオシホミミ(仲哀(ちゅうあい)天皇を神格化)の時代に、フツヌシ(武渟川別を神格化)が左大臣で、タケミカツチ(初代・武内宿禰を神格化)が右大臣で、仲哀天皇時代に2人が大臣の根拠である。
倭文神・建葉槌命は2神でなく一人の神様と考えられて、建葉槌命の別名が天羽雷命(あめのはいかずちのみこと)で雷神だから、物部氏の出身と考えられる。

高皇産霊尊(たかみむすびのみこと)は諸神を集めて葦原中国(あしはらなかつくに)に派遣する神を選び、皆が「磐裂(ねさく)と根裂神(いわさくのかみ)の子で、磐筒男(いわつつのお)と磐筒女(いわつつのめ)の生んだ経津主神が良いでしょう」と言った。
その時に天岩屋(あめのいわや)に住む稜威雄走神(いつのおばしりのかみ)で別名を甕速日神(みかはやひのかみ)の子で、武甕槌神の別名を速日神(ひのはやひのかみ)でその武神が進んで言い、「どうして経津主神だけが丈夫(じょうぶ)で、私が丈夫でないのか」とその語気が激しく、経津主神を総大将として武甕槌神を副官として、共に葦原中国に向かった。
は「火へん」に辞書にない不明の漢字で、ホームページで表示できるが注意書きにする。
二軍神は出雲国の五十田狭(いたさ)の小汀(おばま;稲佐(いなさ)の浜)に降りられて、十握剣(とつかのつるぎ)を抜いて逆さまに大地に突き立てその先に膝を立てて座り、大国主神(おおくにぬしのかみ)に尋ねて言って、「高皇産霊尊が皇孫を降りさせて、この地に君臨しようと思っておられて、そこで我ら二人を平定に派遣されて、お前の心はこの地を譲るか譲らないか」と。

その時に大国主神が答えて、「私の子供に相談して、返事いたしましょう」と言って、大国主神の子の事代主神(ことしろぬしのかみ)が出雲の美保(みほ;島根県松江市三保関町)の崎に行って釣りをしていて、そこで諸手船(もろてふね)に使いの稲背脛(いなせはぎ)を乗せてやった。
そして高皇産霊尊の言葉を事代主神に伝えて返事を尋ねて、この時に事代主神が使者に語り、「今回の天神(あまつかみ)の言葉に父上は抵抗されないのが良いでしょう。私も言葉に逆らうことをしません」と言われて、波の上に幾重もの青柴垣(あおふしがき)を作って、船の側板を踏んで海中に退去して、使者が急ぎ帰って報告した。

二軍神が大国主神に、「今お前の子供の事代主神がこのように言った。他に意見を言うような子供がいるか」と尋ねると大国主神が、「もう一人の我が子の建御名方神(たけみなかたのかみ)がいて、これ以外にいません」と言った。
その時に建御名方神が千人引きの大岩を手の先に差し上げてやって来て、「誰だ、私の国に来てそのようなひそひそ話をして、それでは力比べをしてみよう。私がまずお前の手をつかんでみよう」と言って、それで武甕槌神がその手をつかませると、たちどころに氷柱(つらら)に変化させ、また剣の刃に変化させて、それで建御名方神が恐れをなして引き下がった。
今度は武甕槌神が建御名方神の手をつかもうとして、葦の若葉をつかむように握りつぶして放り投げて、建御名方神が逃げ出して追いかけて行って、信濃国(しなののくに;長野県)の諏訪湖(すわこ)まで追いつめて殺そうとした。
建御名方神は言って、「恐れ入った。私を殺さないで下さい。私はこの諏訪湖を離れず、どこにも行きません。また父の大国主神の命令に背(そむ)かず、兄の事代主神の言葉にも背きません。この葦原中国は天神(あまつがみ)の言葉に従って献上しましょう」と。

そこで大国主神は子供の言葉を二軍神に告げて、「我が頼みとした子がもういなくて、だから私も身を引きましょう。もし私が抵抗したら、国内の諸神もきっと同じように戦うでしょう。今私が身を引けば、誰もあえて戦わないでしょう」と言われた。
大国主神は国を平らげた時に用いた広矛を二軍神に渡して、「私はこの矛を持ってことを成し遂げた。天孫がもしこの矛を用いて、国に望まれたらきっと平安になるでしょう。今から私はかの幽界(ゆうかい)に参りましょう」と言い終えると共に隠れられた。


7代目・高皇産霊尊(武虎別皇子(たけこわけのみこ)を神格化)は葦原中国(中国地方)平定に磐裂(景行(けいこう)天皇を神格化)と根裂神(欝色謎命(うつしこめのみこと)を神格化)の子で、磐筒男(武虎別皇子を神格化)と磐筒女(誰か不明)の生んだ経津主神の派遣を決めた。
その時に別名を甕速日神の稜威雄走神(屋主忍男武雄心命(やぬしおしおたけおこころのみこと)を神格化)の子で、別名を速日神の武甕槌神が口をはさみ、結果として武渟川別が総大将で初代・武内宿禰が副官となって、共に出雲王国攻撃に向かった。

経津主神と武甕槌神は出雲大社近くの稲佐の浜に上陸されて、剣を抜かずに大国主神(飯入根(いいいりね)を神格化)と話し合いをして、宣戦布告か降伏かをせまられた。
その時に大国主神が子供に相談して決めると言ったので、大国主神の子の事代主神(濡渟(うかずくぬ)を神格化)が島根県松江市三保関町の崎にいて、そこで船に使いを乗せて稲背脛(誰を神格化したか不明)を行かせた。
は「盧へん」に鳥の漢字で、ホームページで表示できるが注意書きにする。
そして7代目・高皇産霊尊の言葉を事代主神に伝えて返事を尋ねて、事代主神が稲背脛に語って、父親の大国主神も自分も抵抗しないと言って、無条件降伏したことを使者が経津主神と武甕槌神に報告した。

経津主神と武甕槌神は大国主神に事代主神が降伏したことを伝えて、他に意見のある者がないか聞くと、出雲王国に亡命した建御名方神(日本武尊(やまとたけのみこと)を神格化)がいると答えた。
建御名方神は大国主神を殺して、武甕槌神に戦争を仕掛けて、初代・武内宿禰がたくみな戦術で日本武尊を翻弄(ほんろう)した。
今度は武甕槌神が建御名方神に仕掛けて、初代・武内宿禰の戦術で日本武尊の軍勢が大敗して、殺されると思って逃げ出した。
武甕槌神に追いつめられた建御名方神は、命ごいをするけれど古代大和朝廷に大打撃を与えた皇太子の責任があって殺された。
父親で出雲国王の大国主神が殺されて、息子で皇族の血筋の事代主神は、自分が代表して降伏すれば出雲王国の家臣たちも納得して抵抗しないだろうと答えた。
事代主神は経津主神と武甕槌神に逆矛(さかほこ;三種の神器の一つ)を渡して、逆矛を返すことで古代大和朝廷に皇位継承権も返して、おそらく事代主神(濡渟を神格化)が父親の大国主神(飯入根を神格化)のために出雲大社を創建したと考えられる。


事代主神で疑問点を求めると、素戔嗚尊の娘の須勢理毘売(布忍姫(ぬのおしひめ)を神格化)が大国主神と結婚して息子の濡渟をもうけて、濡渟が出雲王国攻撃の時に大人で、飯入根の息子の中でも皇族で最も高位と考えられる。
出雲大社の祭神の大国主神と須勢理毘売に子供がいないとされるが、後世の偽装工作で濡渟の存在を消したと考えられる。
事代主神が無条件降伏するのが当然で、飯入根の息子の中で最も高位の者が戦争をしないことで、配下の者が従ったと考えられる。

『ホツマツタエ』によると三種の神器の一つが逆矛で、別名を八重垣剣(やえがきのつるぎ)で、草薙剣(くさなぎのつるぎ)と全く違う武器で、三種の神器を巡って起きたのが日本武尊の反乱だった。
日本武尊が長野県に行ったと記して、長野県内の神社で日本武尊の来訪を伝える所もあって、建御名方神が日本武尊を神格化したのが間違っていない。
ただ日本武尊は父親の景行(けいこう)天皇の崩御の後に、古代大和朝廷の使者から父親の急死を知らされて、大和に戻ったはずで実際に長野県に行かず、記録上の創作と考えられる。
建御名方神の戦死によって、三種の神器が古代大和朝廷に返されて、皇位継承権争いに端を発した日本武尊の反乱にも終止符が打たれた。
経津主神と武甕槌神は『ホツマツタエ』の国譲り神話でも活躍して、『古事記』だと武甕槌神だけが登場して、経津主神が登場しないのが『古事記』の偽書説がある理由の一つで、出雲の古伝承だと逆に経津主神が登場するのに武甕槌神が登場せず、ある程度の矛盾があると考えられる。
この出雲の国譲り神話は「記紀」を基にして、邪馬台国(やまとこく;大和国)と出雲王国(物部氏)の戦争を語る重要な歴史である。

<参考文献>
『日本書紀(上)全現代語訳―全二巻―』
宇治谷孟・著者 株式会社講談社・発行
『古事記(上)(中)―全三巻―』
次田真幸・著者 株式会社講談社・発行
『完訳秀真伝』
鳥居礼編・著者 八幡書店・発行
『知の探究シリーズ 日本超古代文明のすべて』
株式会社日本文芸社・発行
インターネット

戻る