卑弥呼共立


これは出版していない3冊目以降の本の著作権を含む。

卑弥呼共立は『後漢書』の11代目・桓帝と12代目・霊帝の在位期間(西暦147年から189年)の間で、専門家がどんなに年代を特定しようとしても不可能である。
卑弥呼共立はよく西暦180年代と想定されるようだが、全く何の根拠もない架空の推論で、日中の歴史書を全く参考にしていない。
倭国大乱は垂仁(すいにん)天皇5年6月1日(西暦156年7月上旬頃)以降の狭穂彦王(さほひこのみこ)の反乱で、そうすると必然的に卑弥呼共立が垂仁天皇時代になる。
歴史研究を正当に完全解釈できる僕は、世界最高の天才として古代天皇家の正史を完全に把握できて、僕の敵になる人間などこの世に存在しない。

倭姫命(やまとひめのみこと)は古代中国語表記で「邪馬台卑弥呼(やまとひみこ)」で、『ホツマツタエ』のヤマトヒメなら「邪馬台卑弥」としか書けず、『日本書紀』の倭姫命の呼び名が卑弥呼に当たると考えられる。
垂仁天皇12年9月16日(西暦163年10月中旬頃)に皇后の樺井月姫(かばいつきひめ)は倭姫命を生んだが、産後の病状が悪く翌月10月2日(11月上旬頃)に亡くなり、死後に筒木樺井月神(つつきかばいのつきのかみ)という神名で祭り上げた。
皇后の樺井月姫が死後に筒木樺井月神の名前で祭られたのは、日本神話の神々…八百万(やおよろず)の神々が実在した人物を神格化した根拠だと考えられて、筒木樺井月神が月の神様として祭られたのが京都府城陽市の樺井月神社で、後世に月読尊(つくよみのみこと;景行(けいこう)天皇を神格化)と入れ替わったと考えられる。

垂仁天皇22年12月28日(西暦174年1月下旬頃)に皇女の倭姫命(やまとひめのみこと)を2代目の伊勢神宮の斎王(さいおう;太陽神に奉仕する未婚の皇女)とするため、若子(わかご)親子が共に伊勢国(三重県中部)に向かった。
鈿女命(うずめのみこと)が倭姫命の髪を大垂髪(おおすべらかし)にゆい上げるために、髪をほどいて落としている間に年が明けて、初日が明けるとともに小原を立ち、伊勢の高宮(たかみや)に入って豊鍬入姫命(とよすきいりひめのみこと)に仕えた。
鈿女命は人名で、神様の天鈿女命(あめのうずめのみこと)と名前が重なるだけである。
垂仁天皇25年3月8日(西暦176年4月上旬頃)に豊鍬入姫命(とよすきいりひめのみこと)が103歳で斎王を続けられないとして倭姫命に見習わせて2代目の斎王として、倭姫命も念願だった大内(おうち)の大巫女(おみこ;正式な斎王)になった。
垂仁天皇25年3月8日は倭姫命が2代目の伊勢神宮斎王になって、これが卑弥呼共立の正体で女王でなく、あくまで皇女を多数の推薦で選んで斎王としたと考えられる。

倭国大乱と卑弥呼共立などは、古代天皇家の歴史と把握してしまえばあっさり求められて、考えるほど難しくないが現代人だと一生求められない。
これはアインシュタイン博士以上の天才の僕と現代人の決定的な頭脳差で、古代天皇家の歴史を完全解釈できる僕の実力である。

<参考文献>
『完訳秀真伝』
鳥居礼・編著者 八幡書店・発行
『日本書紀(上)全現代語訳―全二巻―』
宇治谷孟・著者 株式会社講談社・発行
『古代日本史への挑戦』
僕・著者 株式会社オカムラ・発行

戻る