一部皇族の京都居住


これは出版していない3冊目以降の本の著作権を含む。

一部皇族の京都居住は2013年に京都府知事と京都市長などが進言したもので、東京で首都直下地震などに皇族が巻き込まれるのを少しでも防ぐため、皇族の一部を京都市に居住させる計画である。

僕の存在で古代天皇家が西暦84年に建国して、西暦507年3月上旬頃に新しい血筋の現皇室が誕生して、今年で建国から1935年目で、後65年で建国から2千年を迎えると求めた。
古代天皇家の存在は歴史学から確実と考えられて、考古学から見ると『日本書紀』の記述を証明する考古学的証拠が充実しているが、古代天皇家の人物が実在した証拠がなく実証が難しい。
しかし古代天皇家の存在を否定する方が困難で、もはや歴史が実証されたと言っても過言でない状況で、僕のすさまじい超頭脳の功績である。

皇族の一部を京都市に居住させる計画は、天皇家が1935年続いてきた王朝であることを考えると当然で、かつて日本を統治して武士に実権を渡しても存続して、明治から敗戦まで再び日本を統治して、国民の象徴である現在まで存続してきた。
奇跡的な確率で存続してきたことは、奇跡的な確率で生き続けてアインシュタイン博士以上の天才にまでなれた僕と同じで、神に選ばれた運命に導かれた存在としか言えない。
天皇家を断絶させないために東京か京都でなく、東京と京都に分割して皇族を居住させることに僕は賛成で、古代天皇家から現皇室まで1935年続いてきた歴史を終わらせない最善の方法だと思う。
しかし最も効率的な方法を考えるなら、皇室を何分割かして全国的に分散して居住させる方法を取れば、皇室の断絶を防げるが考えすぎだろうか?

天皇家を存続させることは最重要課題で、日本国政府の責任であることを深く認識して、天皇家という存在を広く日本中そして世界中に伝えるべきだと考えている。

<参考文献>
インターネット

戻る