古墳埋葬者


これは出版していない3冊目以降の本の著作権を含む。

3世紀中頃から4世紀前半の東北地方南部から中部地方の古墳埋葬者は、『先代旧事本紀』の一巻『国造本紀』からある程度求められると考えて良い。
『日本書紀』で成務(せいむ)天皇5年に国や県(あがた)に統治者を任命したと記すが、国造(くにみやつこ)の名前が分かっても県の統治者の名前が分からず、『国造本紀』に国造があり得ない天皇の時代に記すなどの混乱が見られる。
国造任命は成務天皇5年でなく正しくは仲哀(ちゅうあい)天皇4年9月(西暦255年10月頃)のことで、3世紀中頃に当たることからこの時期以降の古墳が日本全国に点在して、古墳埋葬者を特定するのが不可能でないと考えて下記に列挙して、東北地方南部から関東地方までに限定して記す。

宮城県名取市の飯野坂古墳群は3世紀末から4世紀末にかけての5基の前方後方墳で、同族の5世代に渡る古墳だと考えられる。
『国造本紀』に「伊久(いく)国造、志賀高穴穂朝(しがたかあなほちょう;成務天皇)御世(みよ)、阿岐(あき)国造と同祖の十世孫の豊嶋命(とよしまのみこと)、定賜国造」と記されて、伊久が宮城県角田市や伊具郡(いぐぐん)辺りを指す。
『国造本紀』に「思(しだ)国造、志賀高穴穂朝御世、阿岐閇(あきへ)国造と同祖の十世孫の志久麻彦(しくまひこ)、定賜国造」と記されて、思が宮城県志田郡(しだぐん)を指して、どちらかが古墳埋葬者だと考えられる。

福島県南相馬市の桜井古墳と福島県双葉郡浪江町の本屋敷1号墳は4世紀の前方後方墳である。
『国造本紀』に「染羽(しめは)国造、志賀高穴穂朝御世、阿岐国造の祖の十世孫の足彦命(たりひこのみこと)、定賜国造」と記されて、染羽が福島県双葉郡辺りを指して、この一族が古墳埋葬者だと考えられる。

福島県河沼郡会津坂下町の杵ヶ森(きねがもり)古墳は3世紀後半の前方後円墳と考えられる。
『国造本紀』に「石背(いわせ)国造、志賀高穴穂朝御世、故連許侶命(これんころのみこと)の功(子)の建彌依米命(たけみよりめのみこと)、定賜国造」と記されて、石背が福島県岩瀬郡(いわせぐん)辺りを指す。
『国造本紀』に「阿尺(あさか)国造、志賀高穴穂朝御世、阿岐閇(あきへ)国造と同祖の天湯津彦命(あめのゆづひこのみこと)の十世孫の比止彌命(ひとみのみこと)、定賜国造」と記されて、阿尺が福島県郡山市一帯を指して、どちらかが古墳埋葬者だと考えられる。

山形県南陽市の蒲生田山3号墳と4号墳は3世紀後半から4世紀初頭にかけての前方後方墳である。
山形県南陽市の前方後方墳に当てはまる国造がなく、『国造本紀』に山形県の古代地名が無いことから答えを求めるのが無理と考えられる。

千葉県木更津市の高部30号墳と32号墳は3世紀中頃の前方後方墳である。
『国造本紀』に「馬来田(まくた)国造、志賀高穴穂朝御世、茨城(いばらぎ)国造の祖の遣許呂命(けんころのみこと)の兒(子)の深河意彌命(ふかかわいみのみこと)、定賜国造」と記されて、馬来田が千葉県木更津市の馬来田駅辺りを指して、この一族が古墳埋葬者だと考えられる。

千葉県市原市の神門(ごうど)3号墳と4号墳と5号墳は3世紀後半の前方後円墳と考えられる。
『国造本紀』に「菊麻(きくま)国造、志賀高穴穂朝御世、无耶志(むさし)国造の祖の兄多比命(あにたひのみこと)の兒(子)の大鹿国直(おおかくにのあたい)、定賜国造」と記されて、菊麻が千葉県市原市菊麻の地を指す。
『国造本紀』に「上海上(かみうなかみ)国造、志賀高穴穂朝、天穂日命(あめのほひのみこと)の八世孫の忍立化多比命(おしたちかたひのみこと)、定賜国造」と記されて、上海上が千葉県市原市の南部辺りを指して、どちらかが古墳埋葬者だと考えられる。
どちらも出雲国造の濡渟(うかずくぬ)の親戚関係に当たると考えられて、物部(もののべ)氏の人間が埋葬者だと考えられる。
は「盧へん」に鳥の漢字で、ホームページで表示できるが注意書きにする。

杵ヶ森古墳と神門3号墳と4号墳と5号墳以外に長野県中野市に高遠山(たかとおやま)古墳があり、全て3世紀後半が築造年代と考えられる前方後円墳で、東日本最古の前方後円墳に当たって、求めた国造が間違いなく正しいはずである。
参考文献『邪馬台国の考古学』には3世紀中頃から末が築造年代と考えられる古墳が、中部地方から東北地方南部に古墳埋葬者を比定していないのが多く存在する。
幾つかの古墳埋葬者を比定できないのは、『国造本紀』に記される国造任命の時期が間違っているからで、物部(もののべ)氏の系図を求めてはっきり分かったことで、全てを比定するのが困難な状態である。
しかし東北地方南部から中部地方は景行(けいこう)天皇60年(西暦250年)から仲哀天皇3年(西暦254年)までに古代天皇家の統治下に入り、『国造本紀』に成務天皇時代の国造任命が記すのが多くあり、この地域の古墳の調査次第で古墳埋葬者特定も不可能でないと考えられる。
古墳埋葬者の特定は古代地名と国造の対比で大きく間違っていないはずで、古墳(考古学)と『国造本紀』(歴史学)から見て間違いなく正しい可能性の高い事実である。

<参考文献>
『日本書紀(上)全現代語訳―全三巻―』
宇治谷孟・著者 株式会社講談社・発行
『邪馬台国の考古学』
石野博信 株式会社吉川弘文館・発行
『先代旧事本紀 訓註』
大野七三・校訂編者 批評社・発行
『日本古代地名事典』
吉田茂樹・著者 新人物往来社・発行

戻る