真(まこと;偽りのない本当のこと)の意味


これは出版していない3冊目以降の本の著作権を含む。

僕…芦田真也が真で、僕の名前に真の言霊(ことだま;言葉の魂)が宿っていて、真の本当の意味が本当か嘘か正しいか間違いか分からなくて、真の答えは分からないのが正解である。
哲学には真理を探求する真理論があるが、少なからず哲学を勉強したことのある僕が考える所、真理が真でその答えが真の意味とつながって、その答えが分からないのが正しく、数学のように確実な答えなど存在しない。
かつて小学校で弟の女性の担任に「まや君」と呼ばれたことがあったが、マヤ文明や山や破魔矢や大和などと言霊でつながって、真とつながっていることが答えである。
天照大神(あまてらすおおみかみ)の言霊は、「あま」が芦田真也(あしだまや)で僕を指して、「あま照らす」が僕を照らすという意味に受け取れて、僕が求めた天照大神の正体や神格化された人物の歴史などが真で、それが本当か嘘か分からないのが真である。
僕はキリスト教のイエス・キリストの再来、故ポール・ソロモンの予言の2016年に日本に現れる救世主、『死海文書』のアロンの救世主、聖徳太子の予言のクハンダなど数々の予言された存在で、それが本当でも嘘でもあって真の答えである。
皇室は1万2千年以上前の超古代文明時代や縄文時代に存在した伝承、皇室がエジプト文明やメソポタミア文明を発祥(はっしょう)させた後に日本に戻ってきた伝承、青森県三戸郡新郷村にイエス・キリストの墓がある伝承など、本当でも嘘でもあって何も分からないのが真である。
過去も現在も未来も数学と哲学のように確実な答えと何も分からない答えがあって、世の中はそれが本当でも嘘でも正しくも間違いでもあって、それこそが本当の真なのである。

僕がキリスト教のイエス・キリストの再来というのはおそらく本当で、かつてイエス・キリストが「愛・融合・統合」をもたらしたように、故ポール・ソロモンの予言の救世主も「愛・融合・統合」をもたらすと予言されて、僕を指す可能性が高いからである。
イエス・キリストの再来を名乗るのは恐れ多いことかもしれないが、僕にはその資格があって愛が僕の著作権による救済、融合・統合が僕の求めた古代日本史の史実・真実・事実や僕の影響力などを指すだろう。
キリスト教の千年王国は京都を指すとも取れるが、僕がもしイエス・キリストの再来ならば皇室のおられる東京をもって千年王国と言うのかもしれない。

すでに故人だが数々の予言を残したポール・ソロモンという人は2016年に日本から世界の救世主が現れて、イエス・キリストのように「愛・融合・統合」を世界に広めるのだと言った。
彼は「その人物が今(1991年)まだ若い男性で、日本の北部にいて、まだ準備ができていない。
彼には「青木先生」という武術を教える師匠がいて、その青木先生が武術だけでなく、ある種の哲学を説(と)いている」と言う。
救世主の説く「愛の法」と「全ては一つ」という教えとは何だろうか?

ポール・ソロモンの予言は2016年で正しいか分からないが、救世主が日本の北部(旧都の京都市や奈良県から見て北に当たる)に住む僕を指して、決して北日本に住むと解釈すべきでない。
「愛・融合・統合」を世界に広めるのが僕の歴史研究の結果で、僕は日本神話の神々…八百万(やおよろず)の神々がおそらく実在の人物(古代天皇家や古代豪族の人々)を神格化したと求めて、宗教・社会などを融合や統合するということだろう。
愛というのは僕が著作権の5割を寄付に当て、残り49%か4割を財団創設に当てるとホームページで公表したことに当たるだろう。
その人物が今(1991年)まだ若い男性で、僕が1980年11月28日生まれだから当然で、まだ準備ができていないのが、僕が歴史研究を始めたのが2002年10月頃だったから予言通りである。
彼には「青木先生」という武術を教える師匠がいて、その青木先生が武術だけでなく、ある種の哲学を説いているが、僕が哲学を学ぶきっかけになったのが京都府宮津市の元伊勢籠(この)神社の海部光彦(あまべみつひこ)宮司で、海部光彦宮司に武術の心得があったのか分からず、僕に武術の先生などいない。
僕の説く「愛の法」は神道や人間を神格化した神様の存在などを差して、「全ては一つ」というのが僕の求めた「根源は一つ」ということにつながるのだろう。

2016年4月4日に宮内庁と読売テレビ本社にCD−RWを送った時以降か、11月11日に株式会社文芸社からの手紙を拝見した時以降から歴史が動き始めたと考えられて、2016年以前から僕がある程度の歴史を動かすきっかけを作ろうとしたが、僕の努力が決して実を結ぶことがなかった。

世界中の数々の予言に僕は圧倒的に過大評価されるようだが、アインシュタイン博士以上の超頭脳と自殺願望を持つ諸刃(もろは)の剣で、いつ死んでもおかしくない僕が世界的救世主だなんて皮肉である。
ポール・ソロモンの予言を解釈したのは僕だから、僕の予言と言っても良いかもしれない。

『死海文書』は1947年以降に死海の西方(ヨルダン川西岸地区)の遺跡ヒルベト・クムラン周辺で発見された写本の総称で、旧約聖書と聖書関連の文書で構成されて、広義でヒルベト・クムラン以外に20世紀後半の調査でナハル・ヘベルの洞窟で見つかった文書断片なども含んで、それに予言が記されていると言う。
『死海文書』の成立は放射性炭素年代測定などによって紀元前250年頃から西暦70年の間と考えられる。
『死海文書』の予言については日本から救世主が現れると言うのについて記す。

僕らはユダヤ人が白人と誤解していて、『旧約聖書』に登場するユダヤ人に白人が一人も存在しなくて、彼らが人種的に「セム系」と呼ばれて、黒髪で黒目の肌の浅黒い人々だった。
モーゼやダビデ王やソロモン王やイエス・キリストなど皆は、非白人(オリエンタル)だったと記される。
一般にユダヤ人社会では、白人系ユダヤ人が「アシュケナージ系ユダヤ人」と呼んで、オリエンタル系(アジア・アフリカ系)ユダヤ人が「スファラディ系ユダヤ人」と呼んで区別する。
8世紀以前の世界にはごくわずかな混血を除いて、白人系ユダヤ人がほとんど存在せず、8世紀から9世紀を境にして、突然に白人系ユダヤ人が歴史の表舞台に登場して、ユダヤ人が白人だと固定観念・先入観を植え付けた。
ウィキペディアで日ユ同祖論(日本人とユダヤ人が共通の先祖だとする説)を検索すると根拠が多すぎて、日本人とユダヤ人が同一の先祖を持つ可能性が高く、古代天皇家の先祖が文化的か遺伝的などの理由でつながる可能性が高いが、あくまで現代人の想像かもしれない。

アルマゲドン(ハルマゲドンとも言う;日本語では最終戦争:世界の終末における最終的な決戦の地を表す言葉)が起こって世界は危機的状況におちいって、その後にメシア(救世主)が君臨して世界を救うと言う。
イスラエル建国から70年目が2018年で、メシアの登場の予言が今年2021年とすると、アルマゲドンが日本人の安保法案との戦いかコロナウイルスなどとの戦いを指すと考えられる。
メシアは二人で「アロンの救世主」と「イスラエルの救世主」と言われていて、「アロンの救世主」が僧侶や預言者のことで、「イスラエルの救世主」がユダヤ人でないかもしれない。
実際の救世主は戦いが強いとか聖人君子だとか言うのでなく、その人の行動そのものが世界中の人々に影響を与える。
権力でもなく論理よりも賢さよりも行動をして背中を見せる存在それがメシアだとすれば、もし本当にメシアが君臨するのならすでに行動を起こしているだろう。

2018年5月18日に僕がホームページを更新した時、天皇家とイスラエル文明が関わると証明して、日ユ同祖論が正しい可能性を示して、これをもって皇室が「イスラエルの救世主」の条件を満たした。
アルマゲドンとアロンの救世主とイスラエルの救世主は、今年2021年の予言かもしれない。
僕は古代天皇家の歴史の史実・真実・事実を求めて、ある意味で預言者のようなもので、皇室が古代天皇家と血筋がつながるか分からないが、ユダヤ人も皇室の先祖もモンゴロイドで、日ユ同祖論が間違っていない可能性が考えられる。
僕は2007年9月に最初の著書を出版して、2014年8月に自分のホームページを開設して、2016年に宮内庁やテレビ局や新聞社や安保法案反対組織などに手紙やCD−Rなどを送ったりして行動を起こし始めて、今年2021年に出版社の株式会社文芸社から本を出版して、救世主としての行動を10年以上に渡って起こしていた。
『死海文書』の予言を解釈したのは僕だから、僕の予言と言っても良いかもしれない。

聖徳太子の予言は数々が当たって、皇室に関する予言が多く、そのうち2つの予言が近年当たる可能性がある。

それから二百年過ぎた頃、クハンダが来るため、その東の都は親と七人の子供のように分かれるだろう。

和を以(も)って貴(とうと)しとなす。

一つ目の予言は釈迦(しゃか)の入滅(にゅうめつ:ゴータマ・シッダールタの死;学者によって諸説ある)から数えた二千五百年頃で、近年だと西暦2017年頃になると言う。
一説によると釈迦の入滅から二千五百年後が2017年だが、聖徳太子の予言が「それから二百年過ぎた頃」としているため今年2021年になると思われる。
クハンダは仏教用語で「末世に現れる悪鬼」を差して、真っ黒に汚(けが)れた禍々(まがまが)しい存在で、人の肉体も精神も真っ黒に汚してしまう性質を持つと言う。
クハンダとは僕のことで、僕の名前の真也が「まことなり」と読めて、真也が「魔事成(まことな)り」だから悪鬼が僕を差して、僕の求めた古代日本史研究の歴史の公表が国内の政治・宗教・社会などだけでなく、世界中の人々の様々なものにも影響を与えるから、やはりクハンダが僕に当たる。
クハンダが人の体と心を汚すという意味は、日本の滅亡などを予測する馬鹿な連中でなく、人々の心を皇室の存在をもって汚すという意味かもしれないし、僕本人の体と心がボロボロになってしまう意味かもしれないし、僕が自殺して体が僕の血で汚れて心が自殺願望で汚れることかもしれないし、ウイルスなどとの戦いかもしれない。
僕の残す資料によって東京が親と7人の子供のように分かれるというのは、東京に天皇・皇后両陛下を残して、皇室が女性宮家を新設してか、廃止した男性宮家を復活させてかで、7つの宮家が全国的に分散するのか?
皇室を断絶させないため、一部皇族の京都居住させる考えは正しくて、全国的に分散させる方が良くて、一ヶ所に集まっていたら皇室の全滅などが起きかねない。

2つ目の予言は「人と争わず仲良くし、調和していくことが最も大切」ということで、皇室(和)をもって尊いものとするという意味だとすると、アインシュタイン博士の予言が当たって皇室を世界的盟主とあがめて、世界中に平和を訴えるということか?

聖徳太子は僕をクハンダと予言して、皇室の未来を新たに生まれてくる人々に託したのだろう。
聖徳太子の予言を解釈したのは僕だから、僕の予言と言っても良いかもしれない。

『をのこ草子』は、江戸時代の西暦1730年頃(8代将軍の徳川吉宗の頃)に成立した幻(まぼろし)の預言書とされて、作者や正式な書物なども残ってなくて、1730年頃から250年がすぎた20世紀後半頃を予言したと言う。
昭和5年(1930年)に友清歓実(ともきよよしさね)氏がある人物から『をのこ草子』の書かれた雑誌の切り抜きを手に入れて、それを公表して『をのこ草子』が知られるようになったらしい。
『をのこ草子』の内容を下記に記す。

今より五代二五十年を経(へ)て、世の様(さま)変わり果てなむ。
切支丹(きりしたん)の法いよいよ盛(さか)んになって、空を飛ぶ者も現れなむ。
地を潜(もぐ)る人も出て来べし。
風雨を駈(か)り、雷電を役する者もあらん。
死したるを起こす術(すべ)もなりなん。
さるままに、人の心漸(ようや)く悪くなり行きて、恐(おそ)ろしき世の相を見つべし。

妻は夫に従(したが)わず、男は髪長く色青白く、痩細(やせほそ)りて、戦(いくさ)の場などに出て立つこと難(かた)きに至(いた)らん。
女は髪短く色赤黒く、袂(たもと)なき衣も着、淫(みだ)りに狂(くる)ひて、父母をも夫をも其(そ)の子をも顧(かえりみ)ぬ者多からん。
万(よろ)づ南蛮(なんばん)の風をまねびて、忠孝節義は基(もと)より仁も義も軽(かろ)んぜられぬべし。

斯(か)くていよいよ衰(おとろ)え行きぬる其の果(はて)に、地、水、火、風の大なる災(わざわ)い起(おこ)りて、世の人、十が五は亡(ほろ)び異国の軍さえ攻め来(きた)りなむ。

此(こ)の時、神の如(ごと)き大王、世に出(い)で給(たま)い、人民悔(く)い改めてこれに従い、世の中、再び正しきに帰らなん。
其の間、世の人狂い苦(くる)しむこと百年に及(およ)ぶべし云々(うんぬん)。

今より5世代以上250年たって、世の中も様変わりしているだろう。
キリスト教が当たり前になって、空を飛ぶロケットや飛行機が現われた。
地面を行き来する地下鉄が通った。
気象を自由にあやつるのは、天候操作も可能な気象兵器のHAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)のことか?
死んだ人の蘇生は、臓器移植やクローン技術だろう。
この頃は人の心も悪く、世の中の世相も荒れている。

妻は夫の言葉を聞かず、男が髪を伸ばして、青白くやせほそって、戦場で役に立たない。
女はショートカットで、赤黒く日焼けして、露出の多い服を着て、性的に乱(みだ)れて、両親や夫や子供もかえりみない。
何かと欧米文化をまねて、忠義や孝行や節度などがなくなって、仁義という考え方も忘れた。

こうしていよいよ世の中が衰退(すいたい)すると、地震や水害や火事や台風などの大災害が起きて、日本人の十割のうち五割が死んで、異国から何か(軍)が攻めて来る。

この時に神のようなリーダーが現われて、世の中を救って人々が悔い改めて、世の中が正しい方向に導かれる。
その間は人々が狂いそうに苦しんで、安定した世の中まで百年かかるだろう。

日本人の十割のうち五割が死んで、異国から軍隊が攻めて来るのは、第二次世界大戦(太平洋戦争)のことで、これから未来に少子化で日本人が半減して、外国からウイルスなどが攻めてくることかもしれない。
この時に神のようなリーダーが現われて世の中を救うのは、今上(きんじょう)天皇(今の天皇陛下)を指して、僕を指すのでないと信じたいが、もう少し後世のリーダーかもしれない。
しかし神のようなリーダーは、アロンの救世主の僕かイスラエルの救世主の皇室を指すなら、どう判断すべきなのか分からない。

『をのこ草子』の予言は、まさに現代日本の様子を再現したかのようである。
『をのこ草子』の予言を解釈したのは僕だから、僕の予言と言っても良いかもしれない。

ここまで記した予言は真で、それが本当か嘘か正しいか間違いか本当の答えが分からないのが真実で、僕が世界の救世主か誰にも分からない。

僕の生きている意味・価値は、真の本当の意味を求める人生そのもので、名前に宿る言霊にしばられて魂にまで刻まれたものを探して、未来永劫(えいごう)に至って真を探求するのが僕が僕であるということだろう。
僕が僕であるためには全ての人生経験が必要で、一期一会(いちごいちえ)で出会った全ての人々との邂逅(かいこう)、本やテレビや会話などで得た様々な知識など、それがなければ今の僕が形成されていない。
僕は真であるために命や魂をかけて求めて、古代天皇家の史実のために自殺未遂とリストカットをしてきたのも真で、僕の一生が真に捕らわれ続けてそれが僕の答えである。

<参考文献>
インターネット

戻る