根(ね)の国下り神話


これは出版していない3冊目以降の本の著作権を含む。
『記紀』の原文を青字、僕の解釈を赤字、僕の説明文を黒字で記す。

大己貴神(おおなむちのかみ)が素戔嗚尊(すさのおのみこと)の統治する根の国に行くと、素戔嗚尊の娘の須勢理毘売(すせりひめ)が来て大己貴神を見て、互いに目を見て結婚して、素戔嗚尊の御殿(ごでん)に引き返して父親に報告をした。
素戔嗚尊は大己貴神に幾つかの試練を与えて、須勢理毘売から蛇比礼(へびのひれ)や蜂比礼(はちのひれ)という道具などを受け取って試練を乗り越える。
大己貴神は寝ている素戔嗚尊の髪の毛をつかんで小屋の垂木(たるき)に結び付けて、大きな岩をその小屋の戸口に引きすえ、妻の須勢理毘売を背負って、ただちに素戔嗚尊の宝物である生太刀(いくたち)と生弓矢(いくゆみや)と天詔琴(あめののりごと)をたずさえて逃げた。
逃げ出した時に天詔琴が木に触れて、大地が鳴動するような音がして、寝ていた素戔嗚尊がこの音を聞いて目を覚まして小屋を引き倒したが、垂木に結び付けた髪の毛をほどいている間に、大己貴神は遠くに逃げのびて行かれた。
素戔嗚尊は黄泉比良坂(よもつひらさか)まで追いかけて来て、はるか遠くに大己貴神の姿を望み見て、大声で呼びかけて言った。

「お前の持つ生太刀と生弓矢で、お前の腹違いの兄弟を坂のすそに追い伏せ、また川の瀬に追い払って、お前が大国主神(おおくにぬしのかみ)と現国魂神(うつしくにたまのかみ)になって、我が娘の須勢理毘売を正妻として、宇迦山(うかのやま;出雲大社の東北の御埼(みさき)山)のふもとに太い宮柱を深く掘り立て、空高く千木(ちぎ)をそびやかした宮殿に住め」と言った。
そこで太刀や弓でもって兄弟の八十神(やそがみ)を追い退けた時、坂のすそごとに追い伏せ、川の瀬ごとに追い払って、国作りを始められた。

八上比売(やがみひめ)は先の約束通り大国主神と結婚して出雲にやって来たが、正妻の須勢理毘売を恐れて、生んだ子供を木の股(また)にさしはさんで因幡(いなば)に帰り、子を名付けて木俣神(きまたのかみ)またの名を御井神(みいのかみ)という。


大己貴神(飯入根(いいいりね)を神格化)が根の国(北陸地方)に行って素戔嗚尊(日本武尊(やまとたけのみこと)を神格化)に会った神話は、建御名方神(たけみなかたのかみ;日本武尊を神格化)が長野県の諏訪(すわ)大社の祭神だからである。
大己貴神が素戔嗚尊の娘の須勢理毘売(布忍姫(ぬのおしひめ)を神格化)と結婚したのは、出雲王国との血縁関係や信頼関係を深める意味で当然と考えられる。


須勢理毘売から蛇比礼と蜂比礼を与えられたと記して、参考文献『日本の神々『先代旧事本紀』の復権』に十種(とくさ)の神宝(かんだから)の中に蛇比礼と蜂比礼の名前を記す時、素戔嗚尊が出雲王国に亡命する時に古代大和朝廷の宝物を強奪したと考えられる。
大己貴神が素戔嗚尊の持つ宝物を奪ったのは、生太刀(おそらく草薙剣(くさなぎのつるぎ)か十握剣(とつかのつるぎ)か?)と生弓矢(天鹿児弓(あめのかごゆみ)と天羽羽矢(あめのははや)と天詔琴(天逆矛(あめのさかほこ)と十種の神宝と三種の神器で、日本武尊が飯入根に管理を託したと考えられる。
素戔嗚尊が大己貴神に言ったのは、太刀や弓矢で私の兄弟(皇族)を倒して、我々(出雲王国;物部(もののべ)氏)が邪馬台国(やまとこく;大和国)に代わって日本国を統治することと考えられる。

大国主神(飯入根を神格化)と八上比売(誰を神格化したか不明)の息子の木俣神またの名を御井神は、物部(もののべ)氏の出石心大臣命(いずしこころおおおみのみこと)を神格化したと考えられて、その理由を述べたのを『但馬国司文書』の章に任せる。
この根の国下り神話は『古事記』に記すものを基にして、日本武尊と飯入根の関係を神話化した貴重な情報で、『ホツマツタエ』に記されず『古事記』の独自の神話である。

<参考文献>
『日本書紀(上)全現代語訳―全二巻―』
宇治谷孟・著者 株式会社講談社・発行
『古事記(上)(中)―全三巻―』
次田真幸・著者 株式会社講談社・発行
『完訳秀真伝』
鳥居礼編・編著者 八幡書店・発行
『日本の神々『先代旧事本紀』の復権』
上田正昭:鎌田純一・著者 発行・大和書房・発行

戻る