仁徳(にんとく)天皇の疑問点


これは出版していない3冊目以降の本の著作権を含む。

仁徳天皇と聞くと日本最大の前方後円墳の大仙(だいせん)古墳を思い浮かべる人が多いだろうが、仁徳天皇陵とされるが論理的根拠など皆無で、『日本書紀』の天皇陵の比定そのものが間違いと知らない人が多い。
仁徳天皇は一体何をしたかひもとくには、歴代天皇の疑問点を洗い出して、一から求めてみる必要がある。
アインシュタイン博士以上の天才の僕は、仁徳天皇の疑問点をよく理解していて、その疑問点を見事にひもといてみせよう。

皇太子の誉田別尊(ほむだわけのみこと;在位しない応神(おうじん)天皇)は、生まれたばかりの頃に母の神功(じんぐう)皇后が三種の神器と共に日向(ひうが;古代の宮崎県)に行かせて、一生を日向ですごしたと考えられる。
そうすると仁徳天皇は、日向で生まれて大和(やまと;古代の奈良県)で生まれた『日本書紀』の記述が間違いとなって、それを証明する証拠があるだろうか?
日向の天孫降臨神話の瓊瓊杵尊(ににぎのみこと;誉田別尊を神格化)は、息子の火火出見尊(ほほでみのみこと;仁徳天皇を神格化)が日向で生まれて、その息子の盧鳥草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと;誉田別尊を神格化)も日向で生まれて、その息子の神武(じんむ)天皇(仁徳天皇を祖先化)も日向で生まれた。
は「盧へん」に鳥の漢字で、ホームページで表示できるが注意書きにする。
は辞書に出てこない「へん」に鳥の漢字で、ホームページで表示できるが注意書きにする。
瓊瓊杵尊と火火出見尊と盧鳥草葺不合尊は日向三代と呼ばれて、皇祖神(皇室の祖先神)として日向にいた3世代の神様だからそう呼ばれて、日向三代と神武天皇の系図が誉田別尊と仁徳天皇の親子を二重に系図の上で重ねている。
瓊瓊杵尊と火火出見尊と盧鳥草葺不合尊と神武天皇は、全て誉田別尊と仁徳天皇の親子を神格化と祖先化した理由を考えると、日向にいたのがこの親子だけと考えられるためである。
仁徳天皇は父の誉田別尊と同じく妃に日向の出身がいて、日向にいた証拠となる可能性が高い。
他にも仁徳天皇が日向の生まれとする理由は、幾らでもあるけれど今回がこれだけにしておく。

仁徳天皇の異母兄弟の額田大中彦皇子(ぬかたのおおなかひこのみこ)は、屯田(みた)と屯倉(みやけ;天皇の御料田や御倉)を支配しようとして、倭直(やまとのあたい)の吾子籠(あごこ)が韓国に行っていたと記されて、年代的にあり得なくて創作と考えられる。
臣下が韓国に行ったのは、古代朝鮮国家群との外交が始まった後の西暦366年以降と考えられて、仁徳天皇の即位が西暦330年代と考えられてあり得ない。
『日本書紀』で誉田別尊は、皇位継承権を息子の3人に与えて、太子(皇太子でなく太子と記す)の菟道稚郎子皇子(うじのわきいらつこのみこ)と仁徳天皇と大山守皇子(おおやまもりのみこ)で、それぞれ異母兄弟である。
大山守皇子は父が太子にしなかったことを恨(うら)んで、皇位継承権争いの反乱を起こして、海幸彦(うみさちひこ)と山幸彦(やまさちひこ)の神話として神話化されて、神武東征の物語に変換されている。
海幸彦と山幸彦の神話は、「海幸彦と山幸彦」の章を参考にしてもらえば間違いなく史実と証明できる。
神武東征は仁徳東征が正しくて、神武天皇が未開の土地に侵略したのに敵も味方も多くいたのがおかしくて、古代天皇家が日本各地を平定して、敵と味方になる古代豪族が多くいて、神功(じんぐう)皇后が亡くなった後だからである。
摂政69年4月17日(西暦329年5月中旬頃)に神功皇后は亡くなって、息子の誉田別尊も亡くなっている状態で、仁徳天皇が三種の神器を持って大和で即位する必要があった。
『ホツマツタエ』で盧鳥草葺不合尊(誉田別尊を神格化)と皇太子妃の玉依姫(たまよりひめ;仲姫(なかひめ)を神格化)との間に生まれたのが神武天皇(仁徳天皇を祖先化)で、玉依姫(宮主宅媛(みやぬしやかひめ)を神格化)との間に生まれたのが五瀬命(いつせのみこと;菟道稚郎子皇子を祖先化)で、五瀬命が多賀治君(たがおきみ)と呼ばれて皇位継承権を持っていた。
五瀬命は神武天皇の実兄で、五瀬命が多賀の統治者だと記されたのが皇位継承権を持つからで、菟道稚郎子皇子を祖先化したと考えられる。
大山守皇子は海幸彦の火酢芹命(ほすせりのみこと)に神格化されて、仁徳天皇即位前に大山守皇子の反乱が京都府南部であったと記されて、状況から仁徳東征前に皇位継承権を持つ皇子が日向でなく大和にいたと考えられる。
多賀宮(たかのみや;伊勢神宮外宮の別宮)の統治者の五瀬命(菟道稚郎子皇子を祖先化)は長髄彦(ながすねひこ;大山守皇子を祖先化)の反逆に驚いて、神武天皇(仁徳天皇を祖先化)の後を追って九州に降りて、神武天皇と共に九州を統治した。
菟道稚郎子皇子は皇位継承者として三重県にいたが、大山守皇子の反乱に危機を感じて異母兄弟の仁徳天皇がいる宮崎県に逃げて、仁徳天皇の協力で逆賊の大山守皇子を討伐したと考えられる。
この後でもっと神武東征は続くが、混乱するため簡単な解説を交(まじ)えてここまでで終わりとする。
額田大中彦皇子の謀反(むほん)と大山守皇子の反乱は、菟道稚郎子皇子が仁徳天皇に皇位継承権を譲渡する前の出来事で、仁徳天皇の即位前の出来事を意味する。
菟道稚郎子皇子は仁徳天皇に皇位継承権を譲渡して、その後に菟道稚郎子皇子が亡くなって、実質5代目の仁徳天皇として西暦330年代に即位した。
神功皇后の摂政69年(西暦329年)以降は、応神天皇から武烈(ぶれつ)天皇時代まで西暦年の把握が不可能で、武烈天皇8年12月8日(西暦507年1月上旬頃)に武烈天皇が崩御(天皇が亡くなること)した後からなら分かる。

景行(けいこう)天皇60年(西暦250年)以降の中部地方から東北地方南部の平定は、経津主神(ふつぬしのかみ;武渟川別(たけぬなかわわけ)を神格化)と武甕槌神(たけみかづちのかみ;初代・武内宿禰(たけのうちのすくね)を神格化)が塩土老翁(しおつちのおじ;初代・武内宿禰を神格化)に東北地方南部の平定を道案内されたと言う。
京都府宮津市の元伊勢籠(この)神社は、祭神の火火出見尊が海神(わたつみ)の宮に行く時、塩土老翁(初代・武内宿禰を神格化)の作った籠船(かごふね)に乗った伝承があって、瓊瓊杵尊(誉田別尊を神格化)が生まれた西暦261年頃のことである。
海幸彦と山幸彦の神話でも塩土老翁は出てきて、火火出見尊(仁徳天皇を神格化)に助言している。
神武東征(西暦330年代)で塩土老翁(初代・武内宿禰を神格化)は、神武天皇(仁徳天皇を祖先化)に助言して大和で即位することを言った。
初代・武内宿禰は西暦250年に20歳くらいなら、西暦330年代で百歳ちょっとくらいで、長寿の忠義の大臣として知られていて、一人の人物を神格化している可能性もあるが、現在73世の武内宿禰の竹内睦泰(たけうちむつひろ)氏がおられて、2代目か3代目の武内宿禰を神武東征の塩土老翁に神格化した可能性もある。
どうであるにしても日本神話で塩土老翁は、時代をまたいで登場して歴代の武内宿禰が大臣クラスの要職にあったのが間違いなく、仁徳東征が史実であることを証明している。

仁徳天皇は母の皇太子妃の仲姫を尊(とうと)び皇太后と呼んだと記すが、仲姫が夫の誉田別尊が亡くなった日向に残って創作で、仁徳天皇が母と別れてから一生会えなかったと考えられる。
誉田別尊と仁徳天皇をモデルとする浦島太郎は、乙姫(おとひめ;仲姫)と別れた浦島太郎(仁徳天皇)が二度と会うことなく亡くなると伝えている。
仲姫は夫の誉田別尊が亡くなった日向で共に葬礼されて、あの世でも仲良くしていると信じたい。

仁徳天皇11年(西暦443年)から仁徳天皇53年(西暦485年)までの古代朝鮮国家群との外交記事があるのは、仁徳天皇時代を混乱させたり倭の五王の一人と思い込ませるためだと考えられる。
しかし外交記事を正しく完全解釈できる僕は、いくら何でもだませなかった。

『日本書紀』仁徳天皇65年がおそらく干支(えと)の年一周分60年間を減らして、正しくは仁徳天皇5年に飛騨国(ひだのくに;岐阜県北部)に宿儺(すくな)という人がいて、体が一つで顔が二つあり、それぞれ手足があって、天皇の命令に従わず人民を略奪するのを楽しみとしたため、和珥(わに)氏の先祖の難波根子武振熊(なにわねこたけふるくま)を派遣して殺させたと記す。
和珥(わに)氏の先祖の難波根子武振熊は、元伊勢籠(この)神社宮司家の海部(あまべ)氏の先祖である難波根子健振熊命(なにわねこたけふるくまのみこと)と同一人物と考えられて、海部氏と和珥氏が共通の先祖から分かれた傍系氏族だと考えられる。

しかし両面宿儺(りょうめんすくな)をもっと別の立場から違う扱いをする書物の存在がある。
飛騨国主姉小路基綱が書いた『飛騨八所和歌集』の裏書に、「位山(くらいやま)の主は神武(じんむ)天皇に位を授けた神で、身体一つにして顔二つ、手足四つの両面四手の姿だと言う。天(あめ)の叢雲(むらくも)をかき分け、天空浮舟(あめのうきふね)に乗りこの山のいなだに降臨し給(たま)い、この山において神武天皇に位を授け給うゆえに位山と言い、船のついた山を船山と言う」と記す。
神武天皇は仁徳天皇を祖先化して、神武天皇に皇位を授けた両面宿儺は、岐阜県北部の出身で仁徳天皇の即位に尽力した人物と考えられる。
しかし以後に仁徳天皇に何らかのことで反逆したために、反逆者として討伐されたと考えられる。

岐阜県高山市にある位山付近にいたのが両面宿儺で、奇怪な姿をした神様や人とされるがそんなことはない。
30年以上前にベトナム戦争の枯れ葉剤が原因で生まれた時、体が一つにつながったベトさんとドクさんという一卵性双生児がいたのを覚えているか?
両面宿儺はベトさんとドクさんと同じシャム双生児(結合性双生児)の姿で、百万人に一人ほどの割合で生まれてくるつながった一卵性双生児なのである。

仁徳天皇時代は仁徳天皇87年まであったと『日本書紀』に記すが、干支の年一周分60年間を減らした在位期間27年間が正しい可能性が考えられるが、仁徳天皇の即位年の干支(えと)の年が当てにならず年代不明となる。
両面宿儺は見た目の異様な姿からさげすまれたり神様のようにあがめられたりして、謎に包まれた古代人で不思議な存在である。

倭の五王の倭王「讃」とされる仁徳天皇は、日本神話の史実に基づくと年代違いで、邪馬台国論争の歴代天皇から求めても年代違いで、僕の自論で倭の五王を求めても間違いで、「倭の五王」の章を参考にしてほしい。
仁徳天皇陵とされる大仙(だいせん)古墳は偽物で、5世紀の古墳が4世紀前半に即位した仁徳天皇の墓であるはずがなく、『日本書紀』が間違っているのが明白である。
本当の仁徳天皇陵は、仁徳天皇の即位でそれまでの皇居と天皇陵の纏向(まきむく)遺跡と大和(おおやまと)古墳群が放棄されたと考えるが、明確な考古学的証拠に基づいているわけでない。
古墳群が放棄された時期は、考古学者によってまちまちの意見があって混乱するらしく、明確な時期の特定が難しいと考えられる。
ただ時期的な仁徳天皇陵を求めるなら、佐紀盾列(さきたたなみ)古墳群(4世紀後半から5世紀前半の古墳群)が有力かもしれないが、僕の私見で当てにならないと考えられる。
仁徳天皇の問題点は、アインシュタイン博士以上の天才の僕が求めた解答以外に示せるわけがなく、誰もが納得する答えがこれである。

<参考文献>
『完訳秀真伝』
鳥居礼・編著者 八幡書店・発行
『日本書紀(上)全現代語訳―全二巻―』
宇治谷孟・著者 株式会社講談社・発行
『総図解よくわかる日本の神社』
渋谷申博・著者 新人物往来社・発行
『日本超古代文明のすべて』
株式会社日本文芸社・発行
『古代日本史への挑戦』
僕・著者 株式会社オカムラ・発行
インターネット

戻る