狭穂彦王(さほひこのみこ)


これは出版していない3冊目以降の本の著作権を含む。

『ホツマツタエ』の狭穂彦王の反乱の様子を紹介する。

垂仁(すいにん)天皇4年9月1日(西暦155年10月上旬頃)に皇后の狭穂姫(さほひめ)の実兄である狭穂彦王が皇后に聞き、「兄と垂仁天皇のどちらをより慕(した)うか」と問われて皇后はつい、「兄です」と答えてしまう。
狭穂彦王は実妹の狭穂姫に言い、「お前は美しさをもって天皇に仕えているが、その美しさも年と共にやがて衰えて天皇の恵みもうすくなる。それもそう遠い話でない。願わくは、私とお前が協力して垂仁天皇の皇位を奪って、私が天皇になれば安き日々を暮らせよう。垂仁天皇を殺してくれ、我がために」と無理に攻め寄り紐刀(ひもがたな)を狭穂姫に手渡した。
狭穂姫は狭穂彦王の心根のあやまちをいさめたが一向に聞き入れられず、狭穂姫が恐ろしさのあまり心がわななくばかりで、紐刀を仕方なく袖(そで)の内に納め隠して、なおもいさめたが聞き入れられなかった。


狭穂彦王は2代目出雲国王で、垂仁天皇の従兄弟に当たる最古の皇族で、『ホツマツタエ』の記録から狭穂彦王が皇位継承権を奪って天皇になろうとしていて、古代天皇家で最初の内乱と考えられる。
狭穂彦王の反乱と三輪山を合致できたのは2012年1月のことで、三輪山(みわやま)の頂上に葬礼されたのが2代目オオモノヌシと知ったからである。

垂仁天皇5年6月1日(西暦156年7月上旬頃)に垂仁天皇は来目(くめ;奈良県高市郡)の高宮(たかみや;所在地不明)に滞在された時、狭穂姫の膝枕(ひざまくら)で眠られて、狭穂姫が自分の何もできない悲しい立場に涙が流れ、垂仁天皇の童顔をぬらして垂仁天皇が夢から覚めて言われた。
「今私は夢に美しい大蛇(おろち)が首にまとわりつき、狭穂(さほ;細い)の雨が顔をぬらしたのが良い兆(きざ)しだろうか、悪い兆しだろうか」と。
狭穂姫は嘘を隠し切れず伏し転がりながら言われて、「天皇から受けた恵みにそむけない。真実を告げれば兄が亡き者になってしまう。告げなければ宮中を危うくするでしょう。どうしたら良いか恐れ悲しみ血の涙を流した。兄が天皇を亡き者にしようと私にせまり、今天皇が私の膝枕で昼寝され、もし心を狂わせ天皇を殺そうとすれば、思いもよらぬ機会だと思って、その愚かさ我が身の哀(あわ)れさに涙がこぼれ、ふく袖にあふれて天皇の顔をぬらしたのです。天皇の見た夢は、きっとこのことを示しています。大蛇の正体はこれです」と。
狭穂姫が紐刀を袖の中から出すと、垂仁天皇は初めて狭穂彦王の反乱を知って、詔(みことのり;天皇の述べた言葉)を出して狭穂彦王の統治する地域の近くの県(あがた)にいる八綱田(やつなだ)を召集して、狭穂彦王討伐の命令を下された。
崇神(すじん)天皇5年に疫病がはやって国民の半分が死んだとあるが、間違いで狭穂彦王の反乱の犠牲として垂仁天皇5年(西暦156年)から国民の半分が死んだと考えられる。


大蛇の正体とされる紐刀は、蛇神の2代目オオモノヌシとして神格化された狭穂彦王を差して、御神体山の三輪山の頂上に葬礼されているのが2代目オオモノヌシであって、崇神天皇時代に祟(たた)りをもたらした大物主神(おおものぬしのかみ)に当たる。
2代目出雲国王の狭穂彦王の統治する地域の近くの県の八綱田は、垂仁天皇の実兄である豊城彦(とよきひこ)の息子で、島根県か鳥取県辺りの統治者と考えられて、おそらく討伐の総大将として任命されたのだろう。

ついに追いつめられた狭穂彦王は、稲城(いなき)を囲んで固く防御して、なかなか降伏させることができず、皇后で実妹の狭穂姫がそれをご覧になって悲しまれ、「たとえ私一人が世に永らえても、血を分けた兄がいなくなって何を楽しめましょうか」と息子の誉津別命(ほむつわけのみこと)を抱きかかえ、稲城の中に入ってしまわれて垂仁天皇が、「皇后と皇子を出せ」と狭穂彦王に言われたが出さなかった。
八綱田が火攻めをすると、狭穂姫はまず誉津別命を抱きかかえて城を越えて垂仁天皇に言われ、「我が兄の罪を許していただこうと、私は稲城の中に入ったのですが、共に深い罪があることを今知りました。たとえ死しても天皇の恵みを忘れることがありません。私の後宮に丹波道主王(たにはみちぬしのみこ)の娘をお据え下さい」と、垂仁天皇がそれを許すと、炎が燃え盛り城は崩れ落ち、兵が皆引き揚げて狭穂彦王と狭穂姫が稲城の中で亡くなった。
八綱田の功績をほめて与えられた名前は、猛(たけ)る火に向かったことから猛火向彦(たけひむかひこ)と言う。


狭穂彦王の反乱は出雲から始まって、だんだん垂仁天皇の統治する大和に近づき、最終的に三重県熊野市で戦ったと考えられる。
皇后の狭穂姫を女神の伊弉冉尊(いざなみのみこと)として神格化して、反逆者の狭穂彦王を伊弉冉尊の息子の軻遇突智(かぐつち)として神格化して、伊弉冉尊と軻遇突智の墓である三重県熊野市有馬の花の窟(いわや)神社に葬礼したと考えられて、遺体が燃えて残らなかったことから岩を墓にした古代信仰の神社になったと考えられる。
狭穂姫と狭穂彦王の亡くなった地が三重県熊野市で、火傷(やけど)で死んだ伊弉冉尊と伊弉諾尊(いざなぎのみこと;垂仁天皇を神格化)に斬殺された火の神様の軻遇突智が、焼死した狭穂姫と狭穂彦王を神格化していると考えられて、黄泉国(よみのくに)下り神話と狭穂彦王の反乱があまりに酷似しすぎている。
八綱田に与えられた名前は猛火向彦で、『日本書紀』の倭日向武火向彦八綱田(やまとひむかたけひむかひこやつなだ)が後世の名前で、意味が分からなくなって猛と武の漢字を間違えたのである。

狭穂彦王の反乱は中国の歴史書『後漢書』と『三国志・魏志倭人伝』に記される倭国大乱で、詳しく言えば倭の邪馬台国の大乱であって、決して日本全土が戦乱に入ったと解釈すべきでない。
『後漢書』に「桓霊間、倭国大乱、更相攻伐、歴年主無」と記されて、後漢王朝の桓帝と霊帝の在位期間(西暦147年〜189年)に倭国大乱が起きて、互いにせめぎ合って数年間に渡って主がいなかったと解釈できる。
『魏志倭人伝』に「其国本亦以男子為王、住七八十年、倭国乱、相攻伐歴年」と記されて、大和国はもともと男性を天皇として、建国から72年目の西暦156年に内乱が起きて、互いにせめぎ合って数年間たったと解釈できる。
大切なのは両書に歴年と記されていることで、狭穂彦王の反乱が少なくとも一年以上続いたということで、決して数ヶ月で終わるほど簡単な内乱でなかったことである。
『ホツマツタエ』と「記紀」に詳しく記されていないが、狭穂彦王が2代目出雲国王で右大臣でもあり、垂仁天皇より狭穂彦王に協力する支持者がいて、その対立によって2年規模の内乱になったと考えられる。
狭穂彦王の子孫が日下部(くさかべ)氏と物部(もののべ)氏と考えられて、先祖の罪を罰せられることなく子孫が繁栄し続けたということである。

崇神天皇7年が正しくは垂仁天皇7年(西暦158年)で、狭穂彦王を2代目・大物主神(おおものぬしのかみ)として神格化して、その子の初代・大田田根子(おおたたねこ)の野見宿禰(のみのすくね)を奈良県に呼んで三輪山を祭らせた。
狭穂彦王を神格化した2代目・大物主神は古代太陽神で、軻遇突智が太陽神の性質を隠し持っている考え方もできる。
倭国大乱は「倭の邪馬台国の大乱」と解釈できて、大和国(邪馬台国)建国以来で最初の内乱で狭穂彦王の反乱に当たるのが間違いなく、アインシュタイン博士以上の天才の僕なら簡単に求められる。

<参考文献>
『完訳秀真伝』
鳥居礼・編著者 八幡書店・発行
『新訂 魏志倭人伝 他三篇―中国正史日本伝(1)―』
石原道博・編訳者 株式会社岩波書店・発行
『日本書紀(上)全現代語訳―全二巻―』
宇治谷孟・著者 株式会社講談社・発行
インターネット

戻る