日本神話の誕生時期


これは出版していない3冊目以降の本の著作権を含む。

日本神話の誕生時期は、「記紀」の成立時期の7世紀後半から8世紀前半か、それ以前なのか現代人(僕以外の人間)に分からないが、日本神話を完全解釈できる僕なら少なくとも回答を示せる。
2002年10月頃に歴史研究を始めた僕は、「記紀」の現代語訳本を購入して、数日後に黄泉国(よみのくに)下り神話と2代目出雲国王の狭穂彦王(さほひこのみこ)の反乱(倭国大乱)を合致させて、日本神話と邪馬台国論争が合致した運命的な瞬間で、だからこそ日本神話の誕生時期を現代人のような凡人以上に把握できる。
現代人は「記紀」を始めとする一般的な歴史書の日本神話しか知らなくて、だから「記紀」の成立時期の7世紀後半から8世紀前半が日本神話の誕生時期の可能性に行き当たる。
しかし古代日本史研究最高の超天才の僕は、『ホツマツタエ』の日本神話が「記紀」の日本神話より古い伝承と証明できて、『ホツマツタエ』が「記紀」の古代天皇家の伝承よりも古いことも証明できて、僕の今まで示した論理的な証拠の数々を現代人程度の低能で否定できず、まさに聖域や神域と言うべき領域の解釈をする僕に勝てる者がいない。
つまりそれは、『ホツマツタエ』の日本神話の誕生時期が特定できれば、根本的に解決できるわけでない。

「記紀」の作成は天武(てんむ)天皇(西暦673年から686年在位)が命じて、西暦712年に『古事記』ができて、西暦713年に『風土記(ふどき)』編纂(へんさん)を命じて、西暦720年に『日本書紀』ができて、西暦733年に『出雲国風土記(いずものくにふどき)』ができて、ほぼ同時期に日本各地の『風土記』ができて、7世紀後半から8世紀前半が日本神話の誕生時期のヒントである。
「記紀」と『風土記』は成立時期がほぼ同年代で、「記紀」が天皇家中心の日本神話で、『風土記』が地域性中心の日本神話を記して、「記紀」と『風土記』で登場する神名や神話の内容に共通性があって、全く異なる神名や神話の内容もあって、7世紀後半から8世紀前半が日本神話の誕生時期と考えられない。
つまり「記紀」と『風土記』の成立時期は、すでに日本各地に共通した神名や神話の内容などが伝承して、7世紀後半から8世紀前半の「記紀」の成立時期に天皇家中心の日本神話を日本各地に伝承したのがおかしいと考えられて、もっと昔に日本神話が成立したと考えられる。
それを解決するのは『ホツマツタエ』で、正式に日本最古の書物でなく、自論の自称だが間違いなく正しくて、「記紀」より古い伝承と証明した自論が根拠で、『ホツマツタエ』の成立時期の特定が日本神話の誕生時期を示す。

『ホツマツタエ』の日本神話の誕生時期は、『ホツマツタエ』の編纂時期に日本神話が誕生したと考えられるが、『ホツマツタエ』の男性の古代太陽神アマテルカミ(天照神)が祭られたのが日本神話の誕生以前で、アマテルカミの誕生が初代の崇神(すじん)天皇4年崇神(すじん)天皇4年10月23日(西暦87年11月下旬頃)の詔(みことのり;天皇の述べた言葉)よりも前と考えられる。
『ホツマツタエ』の記述通りならアマテルカミの誕生は、初代の崇神天皇時代までさかのぼって、他の日本神話の神々も幾つかが崇神天皇時代に成立して、日本神話の話全体の成立がそれ以降と考えられる。
天照大神(あまてらすおおみかみ)と月読尊(つくよみのみこと)と素戔嗚尊(すさのおのみこと)は、三貴子(みはしらのうずのみこ)という三人姉弟の高貴な子供で、『三国志・魏志倭人伝』に登場する人物の卑弥呼と台与(とよ)と男弟と男王を神格化した。
倭姫命(やまとひめのみこと;卑弥呼)と神功(じんぐう)皇后(台与)をアマテルカミに神格化して、景行(けいこう)天皇(男弟)をアマテルカミの弟ツキヨミに神格化して、日本武尊(やまとたけのみこと;男王)をツキヨミの弟スサノオに神格化したことは、『ホツマツタエ』を編纂した古代天皇家が『三国志・魏志倭人伝』を読んだことを意味する。
女王と勘違いした卑弥呼(倭姫命)と台与(神功皇后)を兄のアマテルカミか姉の天照大神に神格化して、女王国(伊勢国)の卑弥呼(倭姫命)の男弟(異母弟)である邪馬台国(大和国)の景行天皇を弟の月読尊に神格化して、景行天皇の皇太子の日本武尊(男王)が末弟の素戔嗚尊に神格化して、『ホツマツタエ』と『三国志・魏志倭人伝』を偶然で片付けられない。
『三国志・魏志倭人伝』を読んだ古代天皇家は、4世紀中頃の西暦366年4月上旬頃に古代朝鮮国家の百済(くだら)との外交関係が再開して、これ以降に古代中国と外交を再開させて、『三国志・魏志倭人伝』を読んだはずで、4世紀中頃以降に歴代・武内宿禰(たけのうちのすくね)が『ホツマツタエ』を編纂したと考えられる。
『ホツマツタエ』の編纂時期は、西暦年ができた西暦525年以降に12代目・武内宿禰より後の歴代の武内宿禰が『ホツマツタエ』を編纂した可能性が高い。
『ホツマツタエ』の成立は、6世紀前半の西暦525年以降から「記紀」の成立時期の7世紀後半から8世紀前半より前の可能性が高いが、日本神話がそれ以前に作られた可能性がある。
『ホツマツタエ』の日本神話は、「記紀」の日本神話より前に成立したのを論理的根拠で示したが、『三国志・魏志倭人伝』を基にした日本神話が4世紀中頃の西暦366年4月上旬頃以降に作られたからで、この事実を動かせる論理的根拠が存在しない。

日本神話の誕生は、世界中の神話との共通性を挙げて、古代天皇家と世界中の神話や文明や王朝などの関係を考えなければならない。
参考文献『正統『竹内文書』の謎』で、アー大陸とウン大陸があった時代に古代天皇家の先祖が海洋民族で世界中を巡った雑伝があって、出雲王家の直系子孫の竹内(たけうち)氏に伝わる伝承は興味深く、古代天皇家の親戚関係の出雲王家が独自に伝える口伝(くでん)で、超古代文明を想像させて当たり前である。
しかしアー大陸とウン大陸の伝承は、アトランティス大陸とムー大陸の伝承が伝わった後に作られた可能性がある。
同じく『正統『竹内文書』の謎』で、縄文時代に古代天皇家の先祖が日本にいて、この頃に農耕が起こって、世界中のエジプト文明やメソポタミア文明などを起こした後、日本に帰って来た伝承もあり、決して馬鹿にできず簡単に扱えない。
僕のホームページで証明した天皇家の先祖がエジプト文明やメソポタミア文明やイスラエル文明を起こして、日本神話と世界中の神話が関係するなど、皇室は世界中の神や王家の血脈である。
『ホツマツタエ』16章の記述には、胎児が何ヶ月目にこうなっていると、現代医学も真っ青の成長記録を記して、精子が骨や脂肪で、卵子が血液や内臓を作るのが遺伝子レベルの知識と考えるのが想像のしすぎか?
古代天皇家の先祖は、世界中の神話や文明や王朝などを生み出して、世界中の高度な医学知識や天文学などを生み出した可能性が高く、簡単に考えられない超常的存在である。

初めて朝鮮の国号を生み出した檀君(だんくん)は朝鮮建国の祖とされる神様で、平壌(ピョンヤン)に都を置いて紀元前2333年に建国したとされて、檀君神話が瓊瓊杵尊の神話とよく似ている。
天の至高神である天王桓因(かんいん)の息子の桓雄(かんゆう)は、父から天符印(鏡と剣と鈴でないかとされる)と言う三種の神器を授けられて太伯山に降臨して、そこで山の精霊で美の神の熊女(うんにょ)と結婚して檀君を生んだ。
桓雄は熊女の姉妹で山の精霊である虎女が醜(みにく)いので結婚しなかった。
天照大神は孫の瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に三種の神器を授けて、天界の高天原(たかまがはら)から高千穂峰(たかちほみね)に降臨させて、日向(ひうが;古代の宮崎県)で花の神の木花開耶姫(このはなさくやひめ)と結婚して火火出見尊(ほほでみのみこと)を生んだ。
瓊瓊杵尊は木花開耶姫の姉妹で岩の神の磐長姫(いわながひめ)が醜いので結婚しなかった。
檀君神話は建国が紀元前2333年とされて、瓊瓊杵尊の神話が西暦261年以降だから檀君神話が日本神話よりも前か後に朝鮮半島に伝わって、天皇家の先祖が朝鮮半島で建国した可能性が考えられる。
檀君神話と瓊瓊杵尊の神話を偶然で片付けるほど僕は馬鹿でなく、天皇家の神話が元々伝承されたものを瓊瓊杵尊の神話に当てはめた所で、檀君神話との共通性が発生したと考えられる。
高句麗の朱蒙(しゅもう)神話も瓊瓊杵尊の神話との共通性が見られて、百済の建国神話で温祚(おんそ)の出生が火火出見尊の神話と共通性が見られて、高麗の建国の祖である王建(おうけん)も日本神話との共通性が見られて、全て天皇家と共通の先祖を持つ可能性で説明できる。

ギリシア神話のゼウスの姉デメテルが弟ポセイドンとのアルカディア地方の一伝は、天照大神の弟の素戔嗚尊が原因で起きた天岩戸(あまのいわと)隠れ神話との共通性があって偶然で片付けられない。
また伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の黄泉国(よみのくに)下り神話とギリシア神話のオルフェウス神話との共通性も偶然で片付けられない。
黄泉国下り神話とオルフェウス神話の共通性の確立は、何十万分の一の可能性だと書かれて、日本神話と古代朝鮮国家の神話の共通性も確率的に同様であるはずで、ギリシア神話を生み出したのが天皇家の先祖と考えるしかない。

ケツァルコアトルは「羽毛の蛇」と訳す太陽神で、有名なメキシコのアステカ文明(14世紀頃から1521年まで続いた文明)の神様と思う人が多いが、それ以前のトルテカ文明(7世紀頃から12世紀頃まで続いた文明)の神様なのが正しい。
トルテカ文明の太陽神ケツァルコアトルは、呼吸を与える者で風神でも創造神でもあって、実在したトルテカ文明の都市トランの9代目皇帝でもある。
9代目皇帝のケツァルコアトルは、イギリスのアーサー王のような伝説的英雄で、トウモロコシの栽培や織物や石の磨(みが)き方や羽毛のマントの作成法を教えて、他人に時間の測(はか)り方や天体運動の研究法も教え、暦(こよみ)を発明して年中行事と祈(いの)りの日を定めもした。
ケツァルコアトルの名前をもじると「くにてるひこ・あまてる」となって、トルテカ神話の蛇体の太陽神で、実在した9代目皇帝でもあって、日本の古代太陽神アマテルカミが蛇体で、実在した彦坐王(ひこいますのみこ)を神格化して、ケツァルコアトルとアマテルカミが神格の二重性で共通して、トルテカ文明が天皇家と共通の先祖の太陽神と考えられる。

世界中の神話や神様と文明や王朝や高度な医学知識や天文学などは、古代天皇家を先祖とする一族が世界中の神や王家の血脈で、世界中に分かりにくい痕跡(こんせき)を残して何かを伝承したことで、アインシュタイン博士の予言(正しくはローレンツ・フォン・シュタインの予言)の世界的盟主にふさわしい存在が現在の皇室である。
世界的盟主となるべき皇室は、天皇家の作った日本神話が世界中の神話の端々に痕跡を残して、世界中に何かを伝えようとしたことが重要である。
日本神話の誕生時期の特定は、日本の建国(天皇家誕生)1936年目程度でなく、超古代文明や世界中の文明や神話や超技術などをひっくるめて、現在の皇室を世界的盟主に導く「きっかけ」である。
僕の歴史研究の集大成は、皇室を世界的盟主にするための布石だったのだろう。

<参考文献>
『完訳秀真伝』
鳥居礼・編著者 八幡書店・発行
『歪められた日本神話』
萩野貞樹・著者 PHP研究所・発行
『世界神話辞典』
アーサー・コッテル:著者 柏書房株式会社・発行
インターネット

戻る