天地開闢(かいびゃく)神話


これは出版していない3冊目以降の本の著作権を含む。
『記紀』の原文を青字、僕の解釈を赤字、僕の説明文を黒字で記す。

天と地が初めて分かれた時に高天原(たかまがはら)に現れた神様は、天御中主尊(あめのみなかぬしのみこと)で、次に高皇産霊尊(たかみむすびのみこと)で、次に神皇産霊尊(かむみむすびのみこと)で、この3神が独立した神様で姿を隠して、この3神を総称して造化三神(ぞうかさんしん)と言う。
次に国土がまだ固まらず水に浮く油のような状態で、クラゲのようにただよっている時に葦の芽が泥沼の中からもえ出るようにもえ上がる力が神様となったのが可美葦牙彦舅尊(うましあしかびひこじのみこと)で、次に天常立尊(あめのとこたちのみこと)で、この2神も独立した神様で姿を隠した。
以上の5神を総称して別天神(ことあまつかみ)と言う。

次に現れた神様の名前を国常立尊(くにのとこたちのみこと)で、次に国狭槌尊(くにのさつちのみこと)と言い、この2神も独立した神様で姿を隠した。
次に現れた神様の名前を尊(ういじにのみこと)で、次に妹の沙土尊(すいじにのみこと)で、次に角尊(つのくいのみこと)で、次に妹の活尊(いくくいのみこと)で、次に大戸之道尊(おおとのじのみこと)で、次に妹の大苫辺尊(おおとまべのみこと)で、次に面足尊(おもだるのみこと)で、次に妹の惶根尊(かしこねのみこと)で、次に伊弉諾尊(いざなぎのみこと)で、次に妹の伊弉冉尊(いざなみのみこと)である。
は泥の下に土の漢字で、ホームページで表示できるが注意書きにする。
は難しい煮(に)ると読む漢字で、ホームページで表示できるが注意書きにする。
は「木へん」に辞書にない不明の漢字で、ホームページで表示できるが注意書きにする。
国常立尊より下で伊弉冉尊より前を合わせて神世七代(かみよななよ)と言い、上の2神を各一代として、次に兄妹の10神の各2神を合わせて一代とする。


高天原(古代大和朝廷)に初めて現れた神様は、天御中主尊(崇神(すじん)天皇を神格化)で、次に5代目・高皇産霊尊(垂仁(すいにん)天皇を神格化)で、次に神皇産霊尊(景行(けいこう)天皇を神格化)である。
次に国土がまだ固まらず水に浮く油のような状態で、クラゲのようにただよっている時に葦の芽が泥沼の中からもえ出るようにもえ上がる力が神様となったのが可美葦牙彦舅尊(日本武尊(やまとたけのみこと)を神格化)で、次に天常立尊(仲哀(ちゅうあい)天皇を神格化)で、この2神も独立した神様で姿を隠した。
以上の5神を総称して別天神と言う。


日本神話には天上の世界の高天原と地上の世界の葦原中国(あしはらなかつくに)と地下の世界の黄泉国(よみのくに)と根(ね)の国が登場して正体は、『ホツマツタエ』の高天原が出雲王国と日高見(ひだかみ;東北地方南部のどこか)の高天原を指すと考えられて、葦原中国が中国地方を中心とするが日本全土を指したり、黄泉国が三重県熊野市有馬で、『ホツマツタエ』で根の国が北陸地方とされて、全て地上の世界の場所となる。

この3神が独立した神様で姿を隠した理由が分からないが、この3神を総称して造化三神というのは、古代大和朝廷を隆盛させた3代の天皇だからだろう。
可美葦牙彦舅尊(日本武尊を神格化)と天常立尊(仲哀天皇を神格化)の親子を神格化した2神も独立した神様とする理由が分からないが、姿を消したのが日本武尊を反逆者とすることと仲哀天皇の在位期間が短いことでないか?
以上の5神を総称して別天神というのは、この5世代の古代天皇家の人物たちを神格化した神様が別格であることに由来するのだろう。

可美葦牙彦舅尊の漢字の由来は、日本武尊が出雲王国で日本武(やまとたけ)天皇となって、息子の仲哀天皇と対立して2朝廷並列時代を作って、「葦牙」と「舅」が葦原中国(中国地方;出雲王国)で牙をむいた7代目出雲国王の飯入根(いいいりね)の舅(しゅうと)である日本武尊と解釈できる。

次に現れた神様の名前を国常立尊(神武(じんむ)天皇を神格化)で、次に国狭槌尊(綏靖(すいぜい)天皇を神格化)と言い、この2神も独立した神様で姿を隠した。
次に現れた神様の名前を尊(安寧(あんねい)天皇を神格化)で、次に沙土尊(渟名底仲媛命(ぬなそこなかひめのみこと)を神格化)で、次に角尊(懿徳(いとく)天皇を神格化)で、次に活尊(天豊津媛命(あまとよつひめのみこと)を神格化)で、次に大戸之道尊(孝昭(こうしょう)天皇を神格化)で、次に大苫辺尊(世襲足媛(よそたりひめ)を神格化)で、次に面足尊(崇神天皇を神格化)で、次に惶根尊(御間城姫(みまきひめ)を神格化)で、次に伊弉諾尊(垂仁天皇を神格化)で、次に伊弉冉尊(垂仁天皇の皇后を神格化)である。
国常立尊より下で伊弉冉尊より前を合わせて神世七代と言い、神武天皇から懿徳天皇までが実在しない架空の天皇で、孝昭天皇の息子の孝安(こうあん)天皇が崇神天皇を祖先化して、孝昭天皇が崇神天皇の実父で、ここからが実在した天皇だと考えられて、この7世代の天皇の系譜を神世七代と呼ぶ。


別天神5神を5世代の古代天皇家の人物たちを神格化した神様に当たるか多少疑問に思う所があり、明確に正しいと言い切れない。
7世代の天皇の系譜を神世七代とするのは、前半の4世代が架空の天皇で、後半の3世代が実在の天皇に当たるのが確実だと考えて良い。
この天地開闢神話は『古事記』に記すものを基にして、『日本書紀』や『ホツマツタエ』だと全く異なる内容である。

<参考文献>
『日本書紀(上)全現代語訳―全二巻―』
宇治谷孟・著者 株式会社講談社・発行
『古事記(上)(中)―全三巻―』
次田真幸・著者 株式会社講談社・発行
『完訳秀真伝』
鳥居礼編・著者 八幡書店・発行

戻る