和珥(わに)氏の系図


これは出版していない3冊目以降の本の著作権を含む。

現存する系図は、孝昭(こうしょう)天皇の息子の天足彦国押人命(あまたりひこくにおしひとのみこと;彦坐王(ひこいますのいみこ)を祖先化)が始祖だが、明らかに作れた架空の人物と証明して、天足彦国押人命の子孫の彦国葺(ひこくにふく)が彦坐王で始祖とするなら、彦国葺の兄弟の横系譜が正しいか不明でも、和珥氏に含めないことになる。
僕は天足彦国押人命が和珥氏の始祖の彦坐王を祖先化して、和珥氏を彦坐王の後継とすべきだが、一般的な解釈が彦国葺の兄弟を含めて、それが間違いと証明する。
『ホツマツタエ』で崇神(すじん)天皇10年(西暦93年)に彦国葺(彦坐王)が登場して、崇神天皇63年(西暦146年)に彦国葺の孫の潮乗津彦(しおのりつひこ)が登場して、崇神天皇39年(西暦122年)に彦坐王の息子の丹波道主王(たにはみちぬしのみこ)が登場して、垂仁(すいにん)天皇5年(西暦156年)に丹波道主王の異母兄弟の狭穂彦王(さほひこのみこ)が登場して、彦坐王が崇神天皇の兄弟で間違いない。
崇神天皇10年に彦国葺は、倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)と大彦命(おおびこのみこと)と武埴安彦命(たけはにやすひこのみこと)の妻の吾田媛(あたひめ)たちと一緒に記す。
崇神天皇10年が正しくは西暦251年(天皇不在の年)で、彦国葺が彦坐王の子孫で和珥氏出身の誰かで、倭迹迹日百襲姫命が倭姫命(やまとひめのみこと)で、大彦命が武虎別皇子(たけこわけのみこ)で、武埴安彦命が日本武尊(やまとたけのみこと)で、吾田媛が弟橘姫(おとたちばなひめ)を祖先化して、崇神天皇10年(西暦93年)の彦国葺が彦坐王の実在を示す記述になる。
崇神天皇10年の彦国葺(彦坐王)は、西暦251年の彦国葺の子孫で和珥氏出身の誰かを互いに証明する。

天足彦国押人命の息子の和邇日子押人命(わにひこおしひとのみこと)も作れた架空の人物で、その息子の姥津命(おけつのみこと)が(あまべ)海部氏の瀛津世襲(おきつよそ)で、姥津命の妹の姥津媛(おけつひめ)が世襲足姫(よそたりひめ)で、孝昭天皇の皇后として長男の天足彦国押人命と次男の孝安(こうあん)天皇を生んだ。
孝昭天皇と世襲足姫の息子は、長男が彦坐王で、次男が実在の初代の崇神天皇と考えられる。
姥津命(おけつのみこと)と姥津媛(おけつひめ)は、一般的に「ははつのみこと」と「ははつひめ」と呼ぶが、面倒なので僕がそう呼ぶことにした。
『古事記』は、和珥(わに)氏の先祖である日子国意祁都命(ひこくにおけつのみこと;瀛津世襲を子孫化)の妹の意祁都比売命(おけつひめのみこと;世襲足姫を子孫化)が彦坐王を生んで、その妹の袁祁都比売命(おけつひめのみこと)が彦坐王の妃と記して、世襲足姫の妹が彦坐王の妃と考えられる。
姥津命(おけつのみこと)と瀛津世襲(おきつよそ)の名前が似るのは、彦坐王の妃の息長水依比売(いきながみずよりひめ;誰か不明)、彦坐王の子孫の息長宿禰王(いきながのすくねのみこ;武虎別皇子(たけこわけのみこ)と同一人物)と娘の息長帯比売命(いきながたりひめのみこと;神功(じんぐう)皇后)などの息長(いきなが)の名字(みょうじ)と共通して、姥(おけ)と瀛(おき)と息(いき)の名前が似て、同一氏族の共通性と考えられる。

姥津命(日子国意祁都命)の長男の伊富津久(おおつく)は事績がなくて、三男の小篠(こささ)が支部(はせべ)氏の先祖で、四男の乙国葺(おとくにふく)が吉田(きった)氏と飯高(いいたか)氏の先祖である。
小篠は彦坐王の子孫の物部(もののべ)氏に属して、『新撰姓氏録』から初代・武内宿禰(たけのうちのすくね)の息子である紀角宿禰(きのつののすくね)の子孫が支部首(はせべのおびと)氏で、大彦命(おおびこのみこと)に祖先化した武虎別皇子の子孫が支部造(はせべのみやつこ)氏で、小篠が初代・武内宿禰と武虎別皇子の血筋に分かれる前の物部氏の人物と考えられる。
乙国葺の子孫の吉田氏は、彦国葺の孫である潮乗津彦の子孫が吉田氏の例があって、子孫の飯高氏が平安時代の飯高宿禰(いいたかのすくね)や飯高朝臣(いいたかのあそみ)で、彦国葺の弟である乙国葺の子孫でなく、彦坐王の子孫と考えられる。
この結果をもって、彦国葺の兄弟が否定された。

彦国葺の長男の彦忍人(ひこおしひと)は、『国造本紀』成務(せいむ)天皇(正しくは仲哀(ちゅうあい)天皇)時代に彦意祁都命(ひこおけつのみこと)の孫の彦忍人命(ひこおしひとのみこと)を武社国造(むさのくにみやつこ)に任命したと記して、武社国(むさのくに)が千葉県武射(むさ)郡を指して、彦坐王の子孫の和珥氏出身者が仲哀時代に武社国造に任命したと考えられる。
彦国葺の次男の建耶須禰(たけやすね)は、息子の八千宿禰(やちのすくね)が『国造本紀』で、彦訓服命(ひこくにふくのみこと)の孫の八千足尼命(やちのすくねのみこと)が景行(けいこう)天皇時代に吉備穴国造(きびのあなのくにみやつこ)へ任命したと記して、彦坐王の子孫の八千宿禰が景行天皇時代の人物で、吉備穴国(きびのあなのくに)が岡山県福山市の周辺で、安那(あな)氏の先祖とされる。
彦国葺の三男の大口納(おおくたみ)は事績がなくて、彦国葺の子供の全員が否定された。

大口納の長男の難波根子武振熊(なにわねこたけふるくま)は、『日本書紀』仁徳(にんとく)天皇65年に登場して、海部氏の先祖の難波根子健振熊命(なにわねこたけふるくまのみこと)と同一人物で、難波根子武振熊と難波根子健振熊の長い名前の合致が偶然でなく、共に彦坐王を始祖とする和珥氏と海部氏も合致して、和珥氏の宗家が海部氏と考えられて、仁徳天皇が即位した西暦330年代頃の人物と考えられて、「海部氏の系図」を見てほしい。
難波根子武振熊は、以降から和珥氏の直系につながるとするが、難波根子武振熊の子孫の年代が上下バラバラで、難波根子武振熊が和珥氏の宗家の出身と考えられる。
難波根子武振熊の子孫は、後に和珥氏から春日(かすが)氏へ名字を改めて、それも検証して求める。

春日氏は『新撰姓氏録』に一族が富豪で、酒糟(さけかす)を積(つ)んで堵(かき;垣)にして仁徳天皇が糟垣(かすが)氏と名付けたと記して、和珥氏が大和国(奈良県)添上(そうのかみ)郡和邇(わに;天理市和爾町)を本拠地で、6世紀以降に和珥氏の宗家が春日氏に名字(みょうじ)を改めたと考えられて、仁徳天皇時代(西暦330年頃)に和珥氏が春日氏に名字を改めたか分からず、春日氏が大和国添上郡春日(奈良市春日野町)を本拠地とした。
和珥氏は本拠地を大和国添上郡和邇(天理市和爾町)から添上郡春日(奈良市春日野町)に移(うつ)して、名字を改めたと考えられるが、いつ頃に名字を改めたか明確な根拠がない。
春日氏とその同族は、天皇家に妃を多く輩出したが、天皇家の外戚の葛城(かつらぎ)氏や蘇我(そが)氏と違って、大和朝廷の政治的権力者になっていない。
春日氏は後に大宅(おおやけ)氏や粟田(あわた)氏や小野(おの)氏や柿本(かきのもと)氏や櫟井(いちい)氏などに分家した。
粟田氏は遣唐使の粟田真人(あわたのまひと)、柿本氏が飛鳥時代の歌人の柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)、小野氏が遣隋使の小野妹子(おののいもこ)や六歌仙で世界三大美女の一人の小野小町などが知られる。
春日氏は後に蘇我氏が勢力を伸ばすと、春日氏が急速に政治勢力を衰退して表面から消えて、分家した各支族が各方面で活躍した。

大口納の次男の彦汝(ひこなんじ)は葦占(あしうら)氏の先祖で、和珥氏の系図に神功皇后の摂政(せっしょう)元年(西暦261年)に武振熊(たけふるくま)と共に戦ったと記して、仁徳天皇時代(西暦330年頃)頃に実在の難波根子武振熊の兄弟が否定して、西暦260年代に実在したと考えられて、葦占氏が古墳時代の滋賀県草津市付近にいたと思われる。
大口納の三男の真侶古(まろこ)は額田国造((ぬかたのくにみやつこ)の先祖で、岐阜県揖斐郡池田町から滋賀県米原市の辺りの統治氏族で、『国造本紀』で成務天皇(正しくは仲哀天皇)時代に彦国葺命(ひこくにふくのみこと)の孫の大真侶古命(おおまろこのみこと)に額田国造に任命したと記す。
大口納の子供は、兄弟関係が否定された。

和珥氏の出自は、2世紀頃に日本海側から近畿地方に進出した太陽信仰の朝鮮系の鍛冶集団、または漁労や航海術にすぐれた海人(あま)族とする説がある。
和珥氏の始祖の彦坐王は、西暦84年に実弟の崇神天皇が奈良県で即位して、西暦94年に丹波(たには;京都府北中部)を平定報告した総大将で、丹波に子孫の海部氏を残して、それ以降から2世紀前半に出雲を平定して出雲王国(物部氏)を建国して、海部氏も物部氏も古代太陽神氏族で、2世紀頃に日本海側と近畿地方に進出した太陽信仰の一族で合致する。
また海部氏は海洋民族でもあって、漁労や航海術にすぐれた海人族とも一致する。
日本神話は古代朝鮮国家群の神話と関連したり、彦坐王を始祖とする古代太陽神氏族(天日槍(あめのひぼこ)など)が古代朝鮮国家群と関連したり、太陽信仰の朝鮮系の一族が合致する。
弥生時代後期に鳥取県と京都府で鉄器文化が隆盛して、出雲王国(物部氏)と海部氏と考えられて、2世紀頃の日本海側と近畿地方の鍛冶集団とも合致する。

和珥氏は朝廷で、埴輪(はにわ)などの祭祀土器製作集団を統率して、山稜(山の尾根(おね)の管理や古墳埋葬者の事績の語(かた)り部などをしたらしいが、埴輪を作るのが物部氏の野見宿禰(のみのすくね)の子孫である土師(はじ)氏で、古墳埋葬者の鎮魂をするのが物部氏で、和珥氏と物部氏が同族だから間違っていない。
『日本書紀』垂仁天皇39年(西暦190年)に春日氏の市河(いちかわ)に石上(いそのかみ)神宮を治めさせて、市河が物部首(もののべのおびと)の先祖と記して、市河の子孫が石上神宮の神官の布留(ふる)氏で、春日氏と物部氏が同族の和珥氏である。
物部氏の山無媛(やまなしひめ)は『先代旧事本紀』に記す女性で、皇太子の誉田別尊(ほむだわけのみこと;即位しない応神(おうじん)天皇)の妃で、皇太子の菟道稚郎子皇子(うじのわきいらつこのみこ)の母親である。
難波根子武振熊の息子の日触使主(ひふれのおみ)は、仲哀天皇9年12月14日(西暦261年1月中旬頃)に生まれた誉田別尊の舅(しゅうと)で、父の難波根子武振熊が仁徳天皇の即位した西暦330年代頃の人物と考えられて、和珥氏の系図が創作と分かる。
日触使主の娘の宮主宅媛(みやぬしやかひめ)が誉田別尊の妃で、菟道稚郎子皇子の実母と『日本書紀』に記して、『先代旧事本紀』の記述の方が信頼できないと普通なら考えられる。
和珥氏は物部氏も海部氏も同族で、山無媛の実在時期も正しくて、宮主宅媛と山無媛が同一人物の可能性があって、「物部氏の系図」を見てほしい。

僕は和珥氏に海部氏も物部氏も含めて、彦坐王が始祖の古代太陽神氏族の全て(天日槍(あめのひぼこ)なども含む)を和珥氏で統合する自論を掲(かか)げて、3冊目の本をその自論で統一した。
和珥氏は謎の氏族だが、アインシュタイン博士以上の超天才の僕が解明して、その系図や特徴をまとめて正当性を認めさせた。

<参考文献>
『完訳秀真伝』
鳥居礼・編著者 八幡書店・発行
『元伊勢の秘宝と国宝海部氏系図』
海部光彦・編著者 元伊勢籠神社社務所・発行
『別冊歴史読本K 新視点 古代豪族の研究』
株式会社新人物往来社・発行
ウィキペディアの和珥氏
ホームページの和邇氏考
インターネット

戻る