邪馬台国


これは出版していない3冊目以降の本の著作権を含む。

邪馬台国は一般的に畿内説が大和で、九州説の主流が福岡県山門(やまと)郡とするが、異説で出雲や丹波や吉備や日向など多岐に渡って、邪馬壱国(やまいちこく)説もあって山井(やまい)などの地名が浮かんできたりもする。
邪馬台国か邪馬壱国か決着していないとする者もいて、そもそも邪馬台国と女王国が同一国とする考え方も強く、なぜ色々な謎が付きまとうのか考えると、邪馬台国論争そのものの認識力が不足していると考えられるためである。
たとえば卑弥呼の読み方も日巫女(ひみこ)や姫子(ひめこ)や姫巫女(ひめみこ)や姫命(ひめのみこと)や日向(ひうが)など色々とバラバラで、台与も豊(とよ)や豊姫命(とよひめのみこと)とか、壱与(いちよ)が伊予(いよ)や市代(いちよ)とか支離滅裂で、何も大して根拠もなく諸説ある。
現代哲学理論「現象学」の「思い込みの数だけ解釈がある」で、こうだと思い込んでしまうと際限なく解釈が出てくるということであるが、アインシュタイン博士以上の天才の僕なら不動の答えを示せる。

邪馬台国は一切間違いなく大和で、卑弥呼が倭姫命(やまとひめのみこと)で、台与が神功(じんぐう)皇后の隠された名前の豊姫命であり、卑弥呼も台与も古代天皇家の一員である。
邪馬台国も卑弥呼も台与も古代中国語読みで、無理矢理にでも日本語読みを当てはめるのは間違いで、古代天皇家の人物を古代中国語読みで当てはめてみる。

やまとこく  やまとひみこ    とよひみこ    やまとととひももそひみこ
邪馬台国   邪馬台卑弥呼    台与卑弥呼    邪馬台台台卑母母蘇卑弥呼
やまとこく やまとひめのみこと とよひめのみこと やまとととひももそひめのみこと
 大和国    倭姫命       豊姫命       倭迹迹日百襲姫命

箸墓(はしはか)古墳の埋葬者とされる倭迹迹日百襲姫命を古代中国語読みして比定すれば卑弥呼か違うかの結論など簡単で、倭迹迹日百襲姫命の「ととひももそ」を古代中国語読みしていないから否定など簡単で、現代日本人はこの程度の考え方もしていなかった。
『ホツマツタエ』や「記紀」が正当な歴史書解釈と偽装工作などをほどこしているのが事実で、その程度も見抜けない者に古代日本史研究など任せられない。
アインシュタイン博士以上の天才の僕からしてみればこの程度の考え方も、古代天皇家の歴史の真実もものすごく簡単に求められる領域である。

専門家は邪馬台国論争の登場人物の卑弥呼が倭迹迹日百襲姫命で、男弟が崇神(すじん)天皇で、男王が武埴安彦命(たけはにやすひこのみこと)で、日本武尊(やまとたけのみこと)が4世紀前半の人物で、神功皇后が4世紀後半の人物と全く何の根拠もないものを信じている。
邪馬台国論争の登場人物は、後漢王朝と初外交したのが垂仁(すいにん)天皇で、魏王朝と初外交したのが卑弥呼の男弟の景行(けいこう)天皇で、卑弥呼が倭姫命で、男王が皇太子の日本武尊で、西晋王朝と初外交したのが卑弥呼と同族(皇族)の台与の神功皇后で、全て古代天皇家の人物であって下記に系図を示して、まぎれもない史実として遠くないうちに認められるだろう。
イザナギ(垂仁天皇を神格化)の娘で太陽神のアマテラス(倭姫命(卑弥呼)を神格化)、その弟で月の神ツクヨミ(景行天皇(男弟)を神格化)、その末弟スサノオ(正しくは景行天皇の息子の日本武尊(男王)を神格化)、皇祖神(天皇家の祖先神)アマテラス(神功皇后(台与)を神格化)から求めて、『魏志倭人伝』を基にして古代天皇家の人間を神格化したと考えられる。

倭国大乱は垂仁天皇5年(西暦156年)の狭穂彦王(さほひこのみこ)の反乱で、卑弥呼共立が垂仁天皇25年(西暦176年)の倭姫命を伊勢神宮の斎王(さいおう;太陽神に仕える未婚の皇女)への任命で、後漢王朝遣使が垂仁天皇37年(西暦188年)の田道間守(たじまもり)の派遣であり、後漢王朝との外交で分かる年代がこれだけである。
魏王朝遣使は景行天皇49年(西暦239年)で、下賜品持ち返りが景行天皇50年(西暦240年)で、狗奴国(くぬこく)攻撃報告が最後の年代が判明する年で景行天皇57年(西暦247年)の熊襲(くまそ;南九州にあった古代天皇家の敵対国)反乱で、卑弥呼の死と男王の反乱が西暦251年の日本武尊の皇位簒奪(さんだつ)による倭姫命の殺害と反乱で、塚(つか)を造ったのが仲哀(ちゅうあい)天皇元年(西暦252)年の箸墓古墳葬礼の景行天皇陵で、台与の遣使が仲哀天皇9年(西暦260年)の出雲王国崩壊より後で、魏王朝との外交で分かる年代がこれだけである。
熊襲は宮崎県から鹿児島県にかけて存在して、景行天皇12年から19年(西暦202年から209年)に九州を平定した時に敵対した国で、再度反乱を起こす気の置けない国家だった。
西晋王朝遣使は台与である神功皇后の摂政(せっしょう;天皇に代わって政治を行なう役職)6年(西暦266年)で、判明する年代がこれだけでこれ以降も何度か遣使している。
邪馬台国論争がここまで年代を把握できるのは、僕のアインシュタイン博士以上のコペルニクス的転回(非常識な考え方の集合体)のおかげである。

後漢王朝の下賜品は、「中平?年…」銘文の東大寺山(古墳出土)鉄刀、京都府宮津市の元伊勢籠(この)神社の神鏡の邊津鏡(へつかがみ)と息津鏡(おきつかがみ)、出土少例の画文帯環状乳神獣鏡に当たると考えている。
魏王朝の下賜品は、分かるのが三角縁神獣鏡だけと考えられる。
魏王朝時代の考古学的証拠は、景行天皇4年(西暦194年)築造の皇居の纏向日代宮(まきむくひしろのみや)に当たる纏向(まきむく)遺跡と垂仁天皇陵の纏向石塚古墳と景行天皇陵の箸墓古墳などで、三角縁神獣鏡が本物でも偽物でももはや邪馬台国論争に関係ない。
西晋王朝時代の考古学的証拠は、東日本の3世紀後半の前方後円墳だと考えられる福島県河沼郡会津坂下町の杵ヶ森古墳と千葉県市原市の神門3号墳と4号墳と5号墳と長野県中野市の高遠山古墳などである。

僕は考古学的証拠も歴史書解釈もここまで合致させて、古代天皇家の史実がここまで正確に求められたのに専門家が僕を無視して、自分たち専門家が正しいと思い込むむひどい有様である。
僕は専門家よりはるかに頭が良くて、はっきり言って次元そのものが違いすぎて、勝負にならない存在がいると思い知る必要があり、まさに現代に現れたアインシュタイン博士の生まれ変わりか後継者的存在と言っても過言でないだろう。
邪馬台国論争は日本神話を完全解釈する能力のない現代日本人がいくら頑張っても無駄で、邪馬台国論争と日本神話が完全に一致することに気付く必要があって、アインシュタイン博士以上のコペルニクス的転回を持つ僕以外にひもとけるわけがない。

<参考文献>
『新訂 魏志倭人伝 他三篇―中国正史日本伝(1)―』
石原道博・編訳者 株式会社岩波書店・発行
『日本書紀(上)全現代語訳―全二巻―』
宇治谷孟・著者 株式会社講談社・発行
『この一冊で「哲学」がわかる!』
白取春彦・著者 株式会社三笠書房・発行
インターネット

戻る