日本武尊(やまとたけのみこと)


これは出版していない3冊目以降の本の著作権を含む。

日本武尊は、「記紀」に小礁尊(おうすのみこと)や日本童男(やまとおぐな)などの別名を記して、特別扱いの皇子で、悲劇的英雄として亡くなったとされる。
日本武尊は、トリックスター(いたずら者)の素戔嗚尊(すさのおのみこと)、出雲大社宮司家の千家(せんげ)氏の祖先神である天穂日命(あめのほひのみこと)、出雲大社の祭神である大国主神(おおくにぬしのかみ)の息子の建御名方神(たけみなかたのかみ)などに神格化された。
本当の日本武尊は、出雲と深く関係して、「記紀」以外の他書で天皇と記して、圧倒的に偽装工作された人物で、それをひもとけるのが僕だけで、実態を求めたいと思って下記に記す。

景行(けいこう)天皇元年4月(西暦191年5月頃)に内侍(うちめ;皇后より下の妃の位)である吉備津彦(きびつひこ)の娘の播磨稲日大郎姫(はりまのいなひおいらつめ)が身ごもって生まれるはずだったが、景行天皇元年12月15日(西暦192年1月中旬頃)に双子の皇子を生んで、弟を小碓尊と名付けて、後の日本武尊に当たって、翌年の景行天皇2年5月(西暦193年6月頃)に播磨稲日大郎姫を皇后にしたと記す。
吉備津彦は景行天皇の異母兄弟の祖別命(みおやわけのみこと)だが、その娘の播磨稲日大郎姫が架空の人物…作られた存在で、日本武尊の出生が間違いと考えられる。
インターネット検索で『ホツマツタエ』の解釈文を見ると、景行天皇2年12月15日が日本武尊の出生と記すが、『ホツマツタエ』の前後の文脈から考えて間違いと考えられる。
自分で『ホツマツタエ』を独自に解釈し直して、日本武尊の出生日が前後しておかしい可能性に気付いて、求め直したのが景行天皇元年12月15日だが、母の播磨稲日大郎姫が作られた存在と考えられて、日本武尊の本当の母親を探す必要がある。

景行天皇4年2月15日(西暦194年3月中旬頃)に景行天皇が美濃国(みののくに;岐阜県南部)に行かれて、八坂高依媛(やさかたかよりひめ)を妃にしたいと思って結婚して、11月1日(西暦194年12月上旬頃)に新しい皇居の纏向日代宮(まきむくひしろのみや)に帰られて、八坂高依媛を皇后に迎えられた。
景行天皇5年11月15日(西暦195年12月中旬頃)に皇后の八坂高依媛が皇太子の稚足彦尊(わかたりひこのみこと)を生んで、諱(いみな)を高義(たかよし)で、名を莵道仁(うちひと)で、後の成務(せいむ)天皇で、幼名を武内麿(たけうちまろ)と記して、その後に八坂高依媛が10人以上の皇子と皇女を生んで、景行天皇の寵愛(ちょうあい)を深く受けた証(あかし)である。
景行天皇の本当の皇后は播磨稲日大郎姫でなく、本当の日本武尊を生んだ八坂高依媛しか考えられず、景行天皇が何のためか美濃国に行かれて、皇后の八坂高依媛を見染めたというのが事実だと考えられる。
『ホツマツタエ』で八坂高依媛の父親は、初代の崇神(すじん)天皇と八坂振色根姫(やさかふりいろねひめ)の間に生まれた八坂入彦命(やさかいりひこのみこと)と記して、八坂入彦命が統治したのが美濃国と考えられる。
八坂入彦命は崇神天皇の皇子でも比較的遅くに生まれて、八坂高依媛も遅くに生まれた姫とすると、その親子関係も正しいものだと考えられる。
八坂姫(やさかひめ)と言うと、祖母の八坂振色根姫と孫娘の八坂高依媛の2人を差すことになるから、注意するべきである。
成務天皇の幼名の武内麿は、もっと後に生まれる初代・武内宿禰(たけのうちのすくね;「たけうちのすくね」とも言う)の名前と重なって、そう呼ばれたのが本当に正しいのか不明である。
八坂高依媛が成務天皇を生んだのは、和歌山県の莵道麿(うぢまろ)の館で、屋主忍男武雄心命(やぬしおしおたけおこころのみこと)がいたと記すが、屋主忍男武雄心命が景行天皇の孫で年代があり得ず、八坂高依媛が和歌山県で成務天皇を出産したのが嘘と考えられる。
成務天皇と日本武尊は同一人物で、景行天皇5年11月15日(西暦195年12月中旬頃)に皇居の纏向日代宮(都市遺跡の纏向(まきむく)遺跡)で生まれたと考えられて、邪馬台国(やまとこく;大和国)の王都として唯一判明した遺跡である。

僕の自論は、成務天皇と日本武尊が同一人物で、『日本書紀』に成務天皇が稚足彦尊で、日本武尊が別名を小碓尊と記して、同じ天皇時代に末名の「尊(みこと)」を持つ人物が2人いるのがおかしい。
『日本書紀』の日本神話の最初に「命(みこと)」より「尊(みこと)」の方が高位と記して、「尊」が神名なら歴代天皇や皇后や重要人物を神格化した時に使って、人名なら国政執行…政治をした人物だけに限られて使うと考えられる。
成務天皇は、在位60年だが、即位後10年足らずの記述しか目立たず、むしろ在位しなかったと考えるのが自然で、正しく求めると西暦251年(天皇不在の年)だけの在位で、確実に在位したのでなく、仮に天皇として扱われた見せかけの作られた人物と考えられる。
西暦251年(天皇不在の年)に日本武尊は、皇位継承権争いを起こして、2種類ある三種の神器の片方を強奪して、強行即位して日本武(やまとたけ)天皇となって、出雲王国(物部(もののべ)氏)に亡命して、出雲王国で邪馬台国(大和国)にいる息子の仲哀(ちゅうあい)天皇から政権奪取しようとしたと考えられる。
成務天皇と日本武尊は、共に政治をした人物だから、末名の「尊(みこと)」を記す根拠になって、同一人物説を裏付ける重要な証拠である。
『古事記』に成務天皇の妃は、穂積(ほづみ)氏の建忍山垂根(たけおしやまたりね)の娘である弟財郎女(おとたからのいらつめ)で、息子の和訶奴気王(わかぬけのみこ)を生んだと記す。
『日本書紀』に日本武尊の妃は、穂積氏の忍山宿禰(おしやまのすくね)の娘である弟橘姫(おとたちばなひめ;伊香色謎命(いかがしこめのみこと)に祖先化)で、息子の稚武彦王(わかたけひこのみこ)を生んだと記して、『ホツマツタエ』に弟橘姫の実父が田道間守(たじまもり)で、押山(おしやま)が義理の父親に当たると記す。
総合すると、弟橘姫の実父が田道間守(祖別命と同一人物)で、義理の父親が物部氏の野見宿禰(のみのすくね)と考えられて、建忍山垂根と忍山宿禰が共通の穂積氏(物部氏)の出身で、弟橘姫が弟財郎女で、稚武彦王が和訶奴気王で、名前もよく似ていて、妃たちも同一人物と考えられる。
日本武尊は、歴史書で特別待遇の皇子で、『常陸国風土記』で「倭武(やまとたけ)天皇」と『阿波国風土記』で「倭健天皇命(やまとたけのすめらみこと)」と記して、天皇になることなく悲劇的英雄として死んだのが明らかにおかしい。
日本武尊は、天皇と記すが明確な根拠があって、成務天皇と同一人物でなければ全て説明ができなくて、皇太子で天皇でもあったなら全てのつじつまが合う。

景行天皇57年12月(248年1月頃)に皇太子の稚足彦尊は南九州に到着して、熊襲(くまそ)王国(おそらく宮崎県と鹿児島県に存在した)を討伐して、熊襲国王の取石鹿文(とりいしかや)から名前を与えられて、有名な日本武尊の名前を名乗るようになった。
『ホツマツタエ』や「記紀」は、稚足彦尊がまだ10代で少女の格好で取石鹿文に近づいて、隠し持った剣で取石鹿文の胸を刺して殺したが、根本的に間違っていてあり得ない。
稚足彦尊は50歳を越えていて、女装などしてもばれる年齢で、少女の格好をして取石鹿文に近づき殺したのが創作で、稚足彦尊が少女に女装しても大丈夫な年齢の記述に合わせて、景行天皇57年を景行天皇27年に修正して、年代変更の偽装工作が現代人(僕以外の人間)だと気づかない。
熊襲王国の討伐は、おそらく皇太子の日本武尊の全軍と取石鹿文の全軍で交戦したと考えられる。

景行天皇60年10月2日(西暦250年11月中旬頃)に北陸を日本武尊の異母兄弟の武虎別皇子(たけこわけのみこ)で、東海を日本武尊が総大将で、お供の武将が吉備武彦(きびたけひこ)と大伴武日連(おおとものたけひのむらじ)と武渟川別(たけぬなかわわけ)と初代・武内宿禰で平定に向かって、11月7日(12月中旬頃)に景行天皇が崩御(ほうぎょ;天皇が亡くなること)した。
景行天皇は亡くなって、皇太子の日本武尊が東海の平定で不在で、日本武尊の2人の息子が仲哀天皇と蘆髪蒲見王(あしかみかまみのみこ)で、皇位継承者だったので日本武尊の不在に皇位継承権争いをしたと考えられる。
皇位継承権争いで蘆髪蒲見王は戦死して、景行天皇46年8月4日(西暦251年9月上旬頃)に日本武尊は、二種の神器か三種の神器を強奪して、強行即位して日本武(やまとたけ)天皇になった。
武埴安彦命(たけはにやすひこのみこと;日本武尊を祖先化;男王)は、甥(おい)の崇神(すじん)天皇に対する逆賊で、日本武尊が息子の仲哀天皇に対する逆賊なのを祖先化してごまかして、どんなにうまく細工(さいく)しても系図をごまかせなかった。
崇神天皇10年9月15日(西暦251年10月中旬頃)に北陸の平定から戻った大彦命(おおびこのみこと;武虎別皇子を祖先化)は、自分の異母兄弟や甥たち(皇位継承権争いをする者たち)のことを止めるために帰還した。
崇神天皇10年9月17日(西暦251年10月中旬頃)から末日(10月下旬頃)までに倭迹迹日百襲姫命(倭姫命(やまとひめのみこと)を祖先化;卑弥呼)は亡くなって、武埴安彦命(日本武尊を祖先化)の反乱が終了した。
日本武天皇は、古代太陽神を祭る伯母(おば)の倭姫命を殺して、古代天皇家で禁忌の太陽神殺しと呼べる行為で、日本武天皇が皇族の全てを敵に回して、出雲王国に亡命した。
『三国志・魏志倭人伝』は、卑弥呼(倭姫命)が死んだ後で、男王(日本武天皇)が即位したと記す。
仲哀天皇元年1月11日(西暦252年2月中旬頃)に仲哀天皇は、二種の神器か三種の神器で即位して、仲哀天皇(邪馬台国)と日本武天皇(出雲王国)の親子がそれぞれ二種の神器か三種の神器を持っていて、2朝廷並列時代に突入した。

景行天皇41年2月8日(西暦年不明)に日本武尊は、碓井(うすい)の坂(群馬県安中市松井田町と長野県北佐久郡軽井沢町の境界の碓氷峠)で入水自殺した妻の弟橘姫を想(おも)って、吾妻(あづま;我が妻の意味)がもう亡くなっている歌を三度詠(よ)んでなげいて、これが東(あずま)の国の名前の始まりだと言う。
日本武尊の反乱は、武埴安彦命(日本武尊を祖先化)の妃の吾田媛(あたひめ;弟橘姫を祖先化)が大坂(奈良県香芝市逢坂付近)で戦死して、弟橘姫を想って吾妻(あづま)の歌を詠んで、これが東国(とうごく)を指すのが間違いである。
日本武天皇は、出雲王国から妻の弟橘姫が大坂(奈良県香芝市逢坂付近)で戦死したことを詠んで、ここでの東国が島根県から見た奈良県を指す。

仲哀天皇9年2月6日(西暦260年3月上旬頃)に出雲王国の攻撃中に仲哀天皇が崩御して、おそらく日本武天皇の軍勢が仲哀天皇を戦死させて、仲哀天皇の正妻の神功(じんぐう)皇后(台与;とよ)が義父の日本武天皇を恨(うら)んだと考えられる。
仲哀天皇9年神無月(西暦260年11月頃)に神功皇后は、出雲王国に攻撃を再開して、これを神話化したのが出雲の国譲り神話である。
この時に出雲に邪馬台国(大和国)と出雲王国の主要人物がそろって神格化して、日本神話の神々が出雲に集中して、それが全国で神無月と呼んで、出雲が神有月(かみありづき)と呼ばれる理由である。
日本武天皇は、婿(むこ)養子で最後の出雲国王の飯入根(いいいりね)が三種の神器を始めとする神宝を神功皇后に返して、それに怒って飯入根を殺した。
神功皇后は、それを知って吉備武彦と武渟川別に命じて、日本武天皇を殺したことで戦争が終結して、日本武天皇が享年(きょうねん)64才で、出雲王国が崩壊した。
出雲王国(物部氏)は崩壊で、物部氏が滅亡せずに存続しているから、出雲王国の滅亡でなく崩壊という言葉を使っている。
日本武尊は出雲と深い関係にあって、出雲の八岐大蛇(やまたのおろち)退治の素戔嗚尊、出雲大社宮司家の千家氏の直系祖先神である天穂日命、出雲大社の祭神である大国主神の息子の建御名方神などに神格化したのである。
悲劇的英雄として死んだ日本武尊の陵墓は偽物で、日本武天皇が出雲で戦死して、出雲か時期からして大和(おおやまと)古墳群のどちらかに陵墓があると考えられる。
現在の出雲大社宮司家の千家氏は、日本武尊の直系子孫と考えられて、古代天皇家の血筋を受け継いでいると思われる。

日本武尊を悲劇的英雄な最期を遂げさせた創作は、天下の逆賊であることを隠すためで、古代天皇家の汚名にしないための配慮だと考えられる。
しかしアインシュタイン博士以上の超天才の僕は、嘘・偽りで塗(ぬ)り固められた日本武尊が決して許されない大罪をおかした人物として、真実を求めてしまった。
日本武尊は謎に包まれた人物だが、僕は運命に翻弄(ほんろう)された悲劇的な人物だと思う。

<参考文献>
『完訳秀真伝』
鳥居礼・編著者 八幡書店・発行
『日本書紀(上)全現代語訳―全二巻―』
宇治谷孟・著者 株式会社講談社・発行
インターネット

戻る