僕の自殺願望


僕が自殺願望の持ち主であることは2冊の著書と出版していない本にも記している。

僕の自殺願望は最初の自殺未遂とリストカットをした2004年11月18日以前から自分の中に自殺願望があることを理解していたが、自殺願望が生まれたのが短大生の頃だと思っているが正しいか分からない。
最初の頃の自殺願望は、最初の自殺未遂をした2004年だとアインシュタイン博士クラスの超天才や天皇家の歴史の重責などにさいなまれていた。
しかし今の自殺願望は、天皇家誕生1935年やアインシュタイン博士の後継者的存在やそれ以上の超天才や世界的救世主としての重責などにさいなまれて、自殺願望が出るたびにその重責やそれらから解放されて死にたい思いなどに苦しめられる。
僕の自殺願望は誰にも理解できるはずがなく、世界でただ一人僕だけがこの重責を背負っていて、これだけのことを抱える人間など他に存在するはずがない。

僕が自殺願望を抱える理由は、大江高校生の1997年10月8日午後1時42分に一緒に暮らす祖父が亡くなったことで、その時僕が修学旅行3日目の長崎市で自由行動だった時間で、祖父の死を看取(みと)れなかったことに起因する。
僕は祖父が福知山市民病院に入院していた時、修学旅行に出掛ける前の土曜日に学校の帰りに一度だけお見舞いに行って、祖母に付き添われて病室に戻ろうとしていた祖父と一分足らずの会話をしたのが最期となった。
僕は修学旅行から帰って来た日、従兄が福知山駅に迎えに来ていてそこで祖父の死を知って、お通夜で自宅の仏壇の前で親戚を前にして祖父の死に目に会えなかったことを泣いた。
僕はお祖父ちゃん子と言えばそうなのだろうが、祖父を看取ってあげられなかったことが心をさいなんで、高校に通いながらも1ヶ月近く心の中でふさぎ込んでいた。
祖父の死に立ち会えなかったことがきっかけで、命・魂・精神について考えるようになって、その後に戦争・平和についても考えることになって、命・魂・精神・戦争・平和に固執するようになった。
命・魂・精神・戦争・平和を考えるようになった僕は、日本国政府の取る太平洋戦争の考え方、宗教の精神的概念や神様、仏教や神道の根本的な考え方など色々と考えるようになった。
命・魂・精神・戦争・平和を考えたことは、僕が人間として成長する上で大きく影響を与えた。

僕は最初の自殺未遂をした2004年11月18日に統合失調症抑(よく)うつと判断されてから自殺願望で苦しむが、凡人の抱える自殺願望と僕の自殺願望が異質で、世界中の誰も僕のことを理解できなくて当たり前のことである。
僕は天皇家誕生1935年やアインシュタイン博士以上の超天才や彼の後継者的存在や世界的救世主としての重責を抱えて、その重責を理解できる人間などこの世に存在するはずもなく、僕が常に孤独な天才としての責務を果たさなければならない。
僕はあまりに孤独すぎる孤高の天才で、世界でただ一人自分だけが全てを理解できて全て自分でしか解決できない孤独にさいなまれて、誰にも共有されることのない永遠の孤独を味わっている。
これは僕の運命や宿命や天命で、誰にも決して汚(けが)すことのできない神聖な思いで、それゆえに僕が他の人々から聖者や賢者と呼ばれることになるかもしれない。
人は神で神が人であって、亡くなった者を神様として神格化したもので、神様も自殺するのが人だから当然で、思い悩むことが神も人も同じである。
神の人も同じ神であり人間でもあって、思い悩み苦しみ続けるのが正しい神と人の在り方で、何の変わりもないものだということを知るべきである。

短大に入って一人暮らしをするようになって、自由になった中で自殺願望がいつの間にか形成されたと僕は考えている。
僕の自殺願望はいつしか自分の中に日本や人類の破滅願望を生み出して、地球環境や戦争・紛争で破壊をする人間に対する絶望を増長することになった。
僕は自分の自殺願望がいつしか他人への殺人願望などにならないかなどを心配することもあって、自分を殺すことに執着し続けるのか自分のことがよく分からない。
僕の自殺願望は歴史研究の公表をしてもおそらく消えず、一生に渡って僕が生き続けている限り消えなくて、永遠に苦しむことになると思っている。
僕は自分がいかに弱い心の持ち主か知っていて、多くの人に見守ってもらう必要がある。

戻る