神様も人物も女性中心


これは出版していない3冊目以降の本の著作権を含む。

日本神話は女性の太陽神で最高神の天照大神(あまてらすおおみかみ)が処女で、5人か6人の子供がいたと記して、邪馬台国(やまとこく;大和国)論争が女王の卑弥呼と台与(とよ)がいて、卑弥呼が生涯独身を貫いて、台与の子孫が存在するか分からなくて、日本の歴史を女性が支えたと思い込ませて、これらが母系か女系の社会があった固定観念や先入観を生み出す。
しかし正しい解釈ができない現代人(僕以外の人間)は、日本神話も邪馬台国論争も専門家の馬鹿な考え方を信じ込んで、根本的に疑うことを知らない。
天照大神は元々が男性の太陽神で、邪馬台国論争が邪馬台国(大和国)と女王国(伊勢国)を同一国と信じたり、卑弥呼と台与を女王と勝手に思い込んで、史実・真実・事実を知る人間など僕以外に存在しない。

女王国(伊勢国;三重県中部)の卑弥呼は、伊勢神宮の斎王(さいおう;太陽神に使える未婚の皇女)の倭姫命(やまとひめのみこと;邪馬台卑弥呼)で、邪馬台国の台与が摂政(せっしょう;天皇に代わって政治する役職)の神功(じんぐう)皇后(抹消した名前が豊姫命(とよひめのみこと);台与卑弥呼)で、この史実・真実・事実に間違いない。
皇族の倭姫命(卑弥呼)と神功皇后(台与)は、皇祖神(こうそしん;皇室の祖先神)で女性の太陽神の天照大神に神格化されて、『三国志・魏志倭人伝』を読んだ古代天皇家がそのように神格化したのが間違いない。
しかし国生みの夫婦神の娘である太陽神の天照大神は倭姫命で、倭姫命に子供がいないから皇室の先祖でも直系祖先神でなく、天岩戸(あまのいわと)隠れ以後の天照大神が神功皇后で、神功皇后の直系子孫が武烈(ぶれつ)天皇まで続いて、皇室の直系祖先神の天照大神が神功皇后で、現在の皇室も神功皇后の直系子孫と考えられる。
日本神話を世界でただ一人完全解釈できる僕は、これだけの内容を求めることが朝飯前だが、現在の皇室も宮内庁も全人類も形無しの事実で、僕が神の如(ごと)きカリスマ性と実力を秘める。

神様も人物も女性中心は、日本神話と邪馬台国論争と現在の皇室の状況がそれを強めて、女性天皇や女系天皇や女性宮家などの皇室の問題が大きく取り上げられて、世界中が注目するのが僕の登場と歴史研究の公表である。
世界的救世主の僕と世界的盟主の皇室は、血筋がつながらなくても先祖の絆(きずな)や縁(えにし)でつながって、互いに支え合って補い合う関係である。
日本神話の神々も邪馬台国論争の登場人物も女性の力は強くて、その活躍が現在の日本国の原動力にもつながるはずである。
今の日本は女性差別や蔑視(べっし)がされて、安倍首相の女性天皇の否定にも心の底で女性に対する偏見があるはずである。
いつの世も女性は、男性より劣(おと)ると考えられて虐(しいた)げられたが、国際社会の今なら見直すべき美点である。

確かに日本の太陽神は、元々男性の天照神(あまてるかみ;彦坐王(ひこいますのみこ)を神格化)で、その直系子孫の倭姫命(卑弥呼)と神功皇后(台与)も男性の太陽神の天照神に神格化した。
後世の「記紀」を作った8世紀前半の天皇家は、男性の太陽神の天照神を女性の太陽神の天照大神に変更して、天照大神に彦坐王の亡霊の姿をなくして、倭姫命(卑弥呼)と神功皇后(台与)だけを天照大神に神格化した。
僕の求めた幾つもの古代太陽神は、出雲王家(物部(もののべ)氏)を始めとする古代太陽神氏族の始祖の彦坐王を神格化して、蛇体で男性の太陽神の伝承を現在の天照大神に名残(なご)りを残す。
最高神で太陽神の称号の「天照(あまてる、あまてらす)」は、先祖の彦坐王と子孫の倭姫命(卑弥呼)と神功皇后(台与)だけが神格化されて、その直系子孫の皇室が天照神と天照大神の子孫として、世界中に知らせるべき真実である。
先祖の彦坐王と子孫の倭姫命(卑弥呼)と神功皇后(台与)は、互いに血筋や特徴などを隠すために偽装工作をほどこして、僕がひもとくまで秘史となった。

僕の歴史研究は公表して女性の活躍が復権した今、日本神話と邪馬台国論争と倭の五王の事実・真実・史実を持って、全てを変えて世界中に知らしめる時が来た。
世界も日本も男女は共に支え合って、男女差別のない平和な時代が来ることを願って僕が努力したい。

<参考文献>
『完訳秀真伝』 鳥居礼・編著者 八幡書店・発行
『古代日本史への挑戦』 僕・著者 株式会社オカムラ・発行
『日本書紀(上)全現代語訳―全三巻―』
宇治谷孟・著者 株式会社講談社・発行
『古事記(上)(中)―全三巻―』 次田真幸・著者 株式会社講談社・発行


戻る