僕の出版した本と出版していない本


最初は趣味だったが、今だと生きがいになっているのが歴史研究で、日本神話と邪馬台国論争と倭の五王が中心である。
僕の歴史研究の成果として2007年9月に『古代日本史への挑戦』で、2009年6月に『続・私の半生と古代日本史』という本を出版した。
僕は2冊の著書を全国の考古学と歴史学を教える大学と日本各地の神社などにも寄贈して、一冊だけ送った所もあるが、2冊送ったと思われる寄贈先を下記に紹介する。

株式会社オカムラで出版した僕の2冊の本の送り先

僕が記述に使う古代天皇家は、天皇家の正史(正確に正しい歴史)が始まる西暦507年以前の天皇家を意味する。
僕の2冊の著書は福知山市の出版社の株式会社オカムラから出版して、合計100冊にも満たない程度しか出されていないが、専門家の歴史書よりはるかにレベルの高い第一級史料である。
僕の父が株式会社オカムラの社長をひどく非難して再出版不可能にしたが、2冊の著書が再出版可能になれば修正して値段付けとISBNコード取得を考えていて、新宿の株式会社文芸社の協力で全国刊行する予定である。
父と3冊目以降の本を出版しない約束をして僕が忘れて、これまでの歴史研究の成果を無にしないため、父を説得するために少しでも多くの人に協力してもらって、僕を支持してくれる人を集めて、両親を説得して本を出版したい。
出版していない3冊目の本『日本神話と古代天皇家の歴史』は、日本神話と邪馬台国論争と倭の五王を僕の全ての知識を総動員してまとめた最高傑作(けっさく)の本である。
出版していない4冊目の本『アルバート・アインシュタイン博士以上の天才 芦田真也のひもとく本』は、アインシュタイン博士以上の天才の僕がその理由を探求した本で、ノーベル物理学賞受賞者の中村修二博士の考え方などを論理的根拠で述べたりもしている。
出版していない5冊目の本『僕の自殺願望』は、僕が記録している自殺願望を公表して、僕が何を考えて生きるのか問う本である。
出版していない6冊目の本『ホツマツタエ解釈1』は、『ホツマツタエ』の僕がひもといた序章から5章(黄泉国(よみのくに)下り神話)まで完全解釈した最高傑作の本である。
出版していない7冊目の本『ホツマツタエ解釈2』は、『ホツマツタエ』の僕がひもといた6章から10章(出雲の国譲り神話)まで完全解釈した最高傑作の本だが、文芸社で一から入力してもらわないといけない。
出版していない8冊目の本『ホツマツタエ解釈3』は、『ホツマツタエ』の僕がひもといた11章から16章(超古代文明の知識を含むか?)まで完全解釈した最高傑作の本だが、文芸社で一から入力してもらわないといけない。
僕の本はまだ予定の段階のものが多いが、日本人や人類の希望になれるように頑張りたいと思う。

僕の本は文芸社で製本でなく、電子書籍で出してもらって、紙の使用を少しでも減らして、地球温暖化を阻止するためで、これが僕の遺言でもある。
僕の本は電子書籍で売れるか分からないと思うだろうが、僕の歴史研究…古代天皇家の正史が独創性(オリジナリティ)たっぷりで、世界中の誰もまねできず、考古学も歴史学も合致する超知識で、何百億円も何千億円どころか何兆円も行くかもしれない。
世界中で毎日木材を伐採して、新聞やトイレットペーパーや本などあまりに多く使って、酸素が二酸化炭素に変換されて、地球温暖化が進んでいると言う。
トランプ大統領は地球温暖化に懐疑的だが、僕が小さい頃に地球温暖化をあまり聞かず、最近が北極圏や南極圏やヒマラヤ山脈なども異常な現象を聞いて、世界中の国々や都市で海面上昇が騒(さわ)がれたりして、地球温暖化が嘘だと思えない。
もう5から6年ほど前だと思うが、僕が9月14日の稲刈りでトラックの助手席で熱中症で倒れて、僕の暮らす福知山市が最高気温39.6度を記録した2018年8月22日だと思うけれど、この日に朝から自転車でデイケアに出て、帰りにふくちやまゆう薬局で経口補水液を購入して、街中がすごく暑くて、街の外の福知山市奥野部に入ってから少し涼しくなって、地球温暖化が本当だと思った。
地球温暖化は世界規模の問題で、僕の本の製本も例外でなくて、電子書籍も鉄などの天然資源を使うが、仕方ないことで片付けるしかない。
とにかく僕の本は電子書籍化を遺言しておく。

戻る